01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

積雪 Before & After

2018.02.18 (Sun)

DSC02815 (1)s

降り始めた頃は10号鉢もドライクリークも見えていたのが、 ↑ 


鉢はここまで埋まってドライクリークも埋没。 ↓ 

DSC03369s.jpg






DSC03314s.jpg

14とか16号とかの鉢も半分埋まった。
積雪と言ってもここはそんなに積もらないから助かる。(その代り冷たいからっ風が強いけど)






DSC03319s.jpg

ピンク、白、絞りと咲き分けるヤマボウシ 源平はまた一回り大きくなった。
フロントヤードの混んでた場所からバックヤードののんびりした場所に移したのが気に入ったのかな。
源平はここが終の棲家。
ここからはもう動かさない。






DSC03316s.jpg

クラブアップルの足元にはシソ。
ルーフにいた時から同じ鉢に同居していたからここでも一緒。
これって手でタネ取って蒔いた方がいいのかしらん。








Napoli signature new









20:17  |  山の庭  |  Comment(0)

雪の日は家の中でプロジェクト 2

2018.02.12 (Mon)


作業の続きを。。


DSC03372s.jpg






DSC03376s.jpg






DSC03377s.jpg

ここまで前日に下地になるParis Greyを塗ったところ。






DSC03381s.jpg

でもそれだけじゃマットで面白くないので時間の経過を感じさせるように色を乗せていきます。
ここからが楽しいのよね。

French Linenを丸い刷毛の先に少し取って、乾いたキッチンペーパーの上に何度もトントンと叩いて余分を落とします。
刷毛の毛先にはもう殆どペイントが残っていなくて毛も1本1本がバラバラパサパサになるくらいまで落としたら用意OK。
それを力を抜いて刷毛を浮かしながら擦れる程度にササっと塗る。






DSC03382s.jpg

装飾部分にも。
きれいに塗ると返って不自然になるので、ここは雑に大胆に、私らしく。(笑)






DSC03383s.jpg

次にOld Whiteでやはり同じように毛先の余分を落としてから今度はトントンと真上から叩くように。
最初から1ヶ所ばかり塗るとやり過ぎるので先ずは全体を少なめに塗ってから離れて見て、
もう1~2度繰り返しながらバランスを見ながら足していくように。






DSC03385s.jpg

French LinenとOld Whiteを重ねたところ。






DSC03386s.jpg

次に部分的に色を落としてシャビー感を出していきます。
使うのは厚みがあるウェットシート。(厚みがある方が表面を無理に擦らないので柔らかい雰囲気に落とせる)






DSC03388s.jpg

これは掃除用でエタノールが入っているので一度流水で流して軽く絞ってから






DSC03391s.jpg

突起部分を擦って元の額縁のゴールドが見えて来るまで。
本当は色の相性としてはグレーにはシルバーでしょ、って思ってたけど、
やってみたらゴールドの方が返って渋さの中にほんのり華やかさが混ざって良かったと思う。






DSC03392s.jpg

元々の額縁がゴールドでその上にダークブラウンでアンティーク風に作ってあったので
両方の色を使ってその味わいを全部消さずに使ってしまおうという作戦。






DSC03398s.jpg

装飾部分だけじゃなくて優しくカーブしたラインが美しい額縁の縁なども部分的に落として。






DSC03395s.jpg

ここまで。
気持ちとしてはもう少し落としたいところだけれど、まだ次の工程があるので取り敢えずこれで一旦ストップ。






DSC03400s.jpg

Clear waxを全体に塗った後に更に経年感を出す為に今度は部分的にDark waxを重ねます。
Tutorialでは、暗い雰囲気になって折角の作品を台無しにしてしまったように見えるけど
実は使えば使う程後になって味わい深さに気付くって書いてあったのでその言葉を信じてあまり考えずに先ずは大胆に。






DSC03404s.jpg

次に乾いたスポンジに最初に使ったClear waxを付けてゴシゴシゴシゴシ。。
ひたすらゴシゴシやってDark waxの余分を落としていきます。
Waxはwaxで制するのだ!

時間が掛かって手が疲れるって書いてあったのは本当にその通りで、
は~、手は疲れるし肩は凝るし。。疲れた~。誰か代わって~。(笑)






DSC03405 (1)s

余りに疲れ過ぎたのでここまで。

もっともっと落としてDark waxがほんのり影になるくらいまで落としたいんだけど、
この時になってやっぱりいくら何でもいい気になってDark wax塗り過ぎたかも。。って気づきました。
は~、道は長いわ。。








Napoli signature new









10:48  |  毎日のこと  |  Comment(2)

雪の日は家の中でプロジェクト 1

2018.02.11 (Sun)


DSC03253s.jpg

今回のプロジェクトはこれ。

母がこの額縁を購入したのはもう30年以上も前のこと。
ずっと実家のピアノの上に飾ってあって、母も私も妹もピアノを弾く時はいつもこの絵を眺めながら
うっとりとした気分で。♪

華やかだったゴールドの額縁は時を経て今では渋くて落ち着いた色合いになった。
油絵も全体的には以前はもっと暖色系だったように記憶していて、
花瓶に挿したバラの花びらにはほんのりとサーモンピンクの色が入ってふわっと優しい色合いだったのが
退色してイエローとグリーンばかりになってしまった。

こうして見ると額縁と油絵はどちらも上手く(?)イエロー系に変色してこれはこれでいいけれど、
この額縁をこの家に飾ろうと思うとイエローが強すぎる。

そこでこの家に合うようなグレー系に塗り直すことに。






DSC03295s.jpg

先ずは釘で留めてあった真ん中の油絵を外して、






DSC03294s.jpg

使ったのはAnnie Sloanのチョークペイント Paris Grey。

このチョークペイントは、プライマー不要でそのまま濡れる、薄めずに使える、薄める時は水、
ペイント特有の臭いが無い、一度塗りでOK、乾燥が早い、などなど使い易いポイントが幾つか。
ペイントとかステインとかっていろんな種類があって紛らわしいし、あれの上にこれは濡れないとか、
最初にサンド掛けないといけないとか、プライマー塗って下処理とか、そういう面倒なのが無いのが楽。
正に何が何だか全然分かってないペイント超初心者の私向き。^^

そしてブリティッシュテイストのカラーが私の好み。






DSC03299s.jpg

先ずは全体を塗った。
もっと伸びないかと思っていたら、スポンジよりも刷毛を使うと塗り易いしきれいに伸びる。
塗った表面がテカテカしていないのが私の好み。(最後に仕上げにワックス塗るので少し艶が出る)






DSC03302s.jpg






DSC03304s.jpg

夕方になってオレンジ色の夕陽で本来の色が見辛くなって来たのでこの日は一旦ここまで。






DSC03248 (1)s

作業前にささっと庭に出て撮った雪景色。
気持ちはいつまでも眺めていたいけど、寒~~い!








Napoli signature new









10:08  |  毎日のこと  |  Comment(0)

ラッキーな残念賞

2018.02.10 (Sat)



今回山の家にいる間にチャレンジしようと思ってるプロジェクトを始める前に、
先ずは何より大切な心構えとやる気とエネルギーを補給しようと
まだ雪深い中をジェラート屋へGo!(笑)


DSC03259s.jpg

この景色が好き。♪






DSC03260s.jpg






DSC03261s_2018020922293650c.jpg

同じ写真ばっかり。w

。。って言うくらいこの景色が好き。






DSC03277s.jpg

さて、こんな道を雪にハンドル取られてスタックしないように、滑らないように、
一生懸命ドライブしたのに到着してみたらこの日はお休み。
楽しみにしてたのに。。
ああ無情、人生なんてこんなもの。。  _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ 
冬期営業日を調べてから出掛けるんだった。

だけどこんな雪景色を見られたからラッキーと思わなきゃね。♪  (←完全負け惜しみ ^^;;)








Napoli signature new









13:44  |  八ヶ岳  |  Comment(0)

雪かきをする

2018.02.09 (Fri)


DSC03226s.jpg

次の日の朝は目が覚めて一番に外の景色をチェック。






DSC03217s.jpg

雪を被って枝が垂れになったヒマラヤスギは相変わらずの美しさ。(//∀//)*・゜☆.。.:*・゜
私の宝物。






DSC03219s.jpg

なんかちょっといつもと庭の景色が違うぞ!?
。。ってよく見たら、森の赤松の枝が雪の重みで枝垂れになっていて
今にも折れそうな勢い。
いくらヒマラヤスギが美しいからってそんなとこ真似しなくても。。^^;;






DSC03237s.jpg

去年の冬よりも木が増えた分見るポイントが増えて嬉しい。
この夏を超えて次にまた雪景色を見る頃には真ん中に白樺の小道が出来てるはず。w






DSC03245s.jpg

その小道が通る予定のライン際に立つ枝垂れカナダツガ。
地味で静かな雰囲気の小道を作りたいのに、う~ん、何ともゴージャス過ぎる出で立ち。
ここら辺、どういう風に作ろう。。






DSC03238s.jpg

この後、主人と2人で駐車場と玄関までの雪かきをしました。
パウダーで軽かったのでそんなに腰には来なかったけど、
2人ともまだ要領が悪くて結局3~40分掛かりました。
それでも雪の中を膝下まである長靴に雪が入りそうになるのをヒヤヒヤしながら歩くだけで楽しい。w








Napoli signature new









18:10  |  山の庭  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT