01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

雪の日は家の中でプロジェクト 2

2018.02.12 (Mon)


作業の続きを。。


DSC03372s.jpg






DSC03376s.jpg






DSC03377s.jpg

ここまで前日に下地になるParis Greyを塗ったところ。






DSC03381s.jpg

でもそれだけじゃマットで面白くないので時間の経過を感じさせるように色を乗せていきます。
ここからが楽しいのよね。

French Linenを丸い刷毛の先に少し取って、乾いたキッチンペーパーの上に何度もトントンと叩いて余分を落とします。
刷毛の毛先にはもう殆どペイントが残っていなくて毛も1本1本がバラバラパサパサになるくらいまで落としたら用意OK。
それを力を抜いて刷毛を浮かしながら擦れる程度にササっと塗る。






DSC03382s.jpg

装飾部分にも。
きれいに塗ると返って不自然になるので、ここは雑に大胆に、私らしく。(笑)






DSC03383s.jpg

次にOld Whiteでやはり同じように毛先の余分を落としてから今度はトントンと真上から叩くように。
最初から1ヶ所ばかり塗るとやり過ぎるので先ずは全体を少なめに塗ってから離れて見て、
もう1~2度繰り返しながらバランスを見ながら足していくように。






DSC03385s.jpg

French LinenとOld Whiteを重ねたところ。






DSC03386s.jpg

次に部分的に色を落としてシャビー感を出していきます。
使うのは厚みがあるウェットシート。(厚みがある方が表面を無理に擦らないので柔らかい雰囲気に落とせる)






DSC03388s.jpg

これは掃除用でエタノールが入っているので一度流水で流して軽く絞ってから






DSC03391s.jpg

突起部分を擦って元の額縁のゴールドが見えて来るまで。
本当は色の相性としてはグレーにはシルバーでしょ、って思ってたけど、
やってみたらゴールドの方が返って渋さの中にほんのり華やかさが混ざって良かったと思う。






DSC03392s.jpg

元々の額縁がゴールドでその上にダークブラウンでアンティーク風に作ってあったので
両方の色を使ってその味わいを全部消さずに使ってしまおうという作戦。






DSC03398s.jpg

装飾部分だけじゃなくて優しくカーブしたラインが美しい額縁の縁なども部分的に落として。






DSC03395s.jpg

ここまで。
気持ちとしてはもう少し落としたいところだけれど、まだ次の工程があるので取り敢えずこれで一旦ストップ。






DSC03400s.jpg

Clear waxを全体に塗った後に更に経年感を出す為に今度は部分的にDark waxを重ねます。
Tutorialでは、暗い雰囲気になって折角の作品を台無しにしてしまったように見えるけど
実は使えば使う程後になって味わい深さに気付くって書いてあったのでその言葉を信じてあまり考えずに先ずは大胆に。






DSC03404s.jpg

次に乾いたスポンジに最初に使ったClear waxを付けてゴシゴシゴシゴシ。。
ひたすらゴシゴシやってDark waxの余分を落としていきます。
Waxはwaxで制するのだ!

時間が掛かって手が疲れるって書いてあったのは本当にその通りで、
は~、手は疲れるし肩は凝るし。。疲れた~。誰か代わって~。(笑)






DSC03405 (1)s

余りに疲れ過ぎたのでここまで。

もっともっと落としてDark waxがほんのり影になるくらいまで落としたいんだけど、
この時になってやっぱりいくら何でもいい気になってDark wax塗り過ぎたかも。。って気づきました。
は~、道は長いわ。。








Napoli signature new









10:48  |  毎日のこと  |  Comment(1)

雪の日は家の中でプロジェクト 1

2018.02.11 (Sun)


DSC03253s.jpg

今回のプロジェクトはこれ。

母がこの額縁を購入したのはもう30年以上も前のこと。
ずっと実家のピアノの上に飾ってあって、母も私も妹もピアノを弾く時はいつもこの絵を眺めながら
うっとりとした気分で。♪

華やかだったゴールドの額縁は時を経て今では渋くて落ち着いた色合いになった。
油絵も全体的には以前はもっと暖色系だったように記憶していて、
花瓶に挿したバラの花びらにはほんのりとサーモンピンクの色が入ってふわっと優しい色合いだったのが
退色してイエローとグリーンばかりになってしまった。

こうして見ると額縁と油絵はどちらも上手く(?)イエロー系に変色してこれはこれでいいけれど、
この額縁をこの家に飾ろうと思うとイエローが強すぎる。

そこでこの家に合うようなグレー系に塗り直すことに。






DSC03295s.jpg

先ずは釘で留めてあった真ん中の油絵を外して、






DSC03294s.jpg

使ったのはAnnie Sloanのチョークペイント Paris Grey。

このチョークペイントは、プライマー不要でそのまま濡れる、薄めずに使える、薄める時は水、
ペイント特有の臭いが無い、一度塗りでOK、乾燥が早い、などなど使い易いポイントが幾つか。
ペイントとかステインとかっていろんな種類があって紛らわしいし、あれの上にこれは濡れないとか、
最初にサンド掛けないといけないとか、プライマー塗って下処理とか、そういう面倒なのが無いのが楽。
正に何が何だか全然分かってないペイント超初心者の私向き。^^

そしてブリティッシュテイストのカラーが私の好み。






DSC03299s.jpg

先ずは全体を塗った。
もっと伸びないかと思っていたら、スポンジよりも刷毛を使うと塗り易いしきれいに伸びる。
塗った表面がテカテカしていないのが私の好み。(最後に仕上げにワックス塗るので少し艶が出る)






DSC03302s.jpg






DSC03304s.jpg

夕方になってオレンジ色の夕陽で本来の色が見辛くなって来たのでこの日は一旦ここまで。






DSC03248 (1)s

作業前にささっと庭に出て撮った雪景色。
気持ちはいつまでも眺めていたいけど、寒~~い!








Napoli signature new









10:08  |  毎日のこと  |  Comment(0)

小さな幸せ

2017.10.27 (Fri)


DSC01446 (2)i2s


               庭でドライクリーク用の石拾いをしていた時のこと、
               こんな小さな幸せを見つけました。








Napoli signature new









20:31  |  毎日のこと  |  Comment(0)

2017

2017.01.01 (Sun)

DSC05692 (1)s

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

去年はなんやかんやと走り回っていたので
今年はもう少しのんびりいきたい。

上は近所から見る八ヶ岳。
地面に雪が無いと冬の感じがしなくて、なんだか森の木々は今にも芽吹いて来そう。
写真を撮ったのは12月19日、ポカポカ陽気の小春日和でした。






DSC05683s.jpg

あまりにいいお天気なので散歩へ。

私のお気に入りのマユミの木は空を見上げながら両手を横に思いっきり広げたような立ち姿。
何度見てもこの樹形好きだわ~。






DSC05685s.jpg

初夏に爽やかな香りがするライトグリーンの花を咲かせていたのが
今は真っ赤な実になっていました。
ちょっとベイビー柿みたい。






北アルプス方面を見ると、 
    ↓
DSC05676 (1)s
近所から

DSC05160 (3)s
富士見高原からの眺望  (↑富士見高原の頂上にあった看板)


原村から御嶽山が見える!(ほんのちょっとだけどね。)



さて、2017年、私の new year's resolution、

”のんびり、楽しく、私らしく。
出来る以上のことは出来ないから出来る範囲で頑張る。
勿論今年も力抜いて。”  ←ここが一番大事。

結局言うことは今年も同じね。^^








Napoli signature new








19:39  |  毎日のこと  |  Comment(4)

スペシャルな。。

2016.12.24 (Sat)

。。今年のフレッシュクリスマスリース。うふふ。♪



夏の終りに庭の施工でとてもお世話になった八ヶ岳カントリーガーデンの南條さんが
わざわざご自身でお持ち下さいました。







DSC05829 (1)s

大きくて立派なリースは何と奥様の手作りだそうで、
素材は南條さんご自身の庭など身の回りで調達出来るものを使われたそう。
全てがフレッシュ素材。

うわ~、ガーデナーの特権ね。♪


玄関の外は諏訪湖から吹き上げる強風で傷んでしまうので
家の中の階段に飾りました。
ここはリビングの一部、そして吹き抜け、=家のどこにいても見える♪♪♪







DSC05842 (1)s

赤いバラのヒップと、黒いのはツキヌキリンドウ(ハニーサックル)だそう。
黄色の葉はもしかして私が一目惚れして庭に植えて貰ったのと同じ
コニファーのフィリフェラオーレア?

バラの赤いヒップにハニーサックルの黒い実が映えて、
私も近所に野生のハニーサックルがあってやっぱりこんな黒い実が付いているのを
見掛ける度に可愛いなはと思うけれど、リースに使うなんてアイディア私じゃ思いつかない。

こんな風に身近な自然を取り入れて楽しむ暮らしって素敵ですね。
私も真似したいな。♪

そうだ、いつか私も庭のヒマラヤスギを使ってふわっふわのクリスマスリースを作りたいな。
早く大きくな~れ。







DSC05851 (1)s

全体の雰囲気、色使いやバランスがとっても素敵。


私はと言えば、この季節はフレッシュクリスマスリースの1dayレッスンに行くのが楽しみなのに
今年は(も)申込みのタイミングを逃してしまってリース無しのクリスマスだったので
このサプライズプレゼントは踊りたくなるほど嬉しかったです。

南條さん&奥様、心温まるメッセージを添えて
とても素敵なクリスマスプレゼントを本当にありがとうございました。





(山の家の工事が伸びたのでやっと夕べ東京に戻って来ました。)








Napoli signature new








09:41  |  毎日のこと  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT