06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

クリーピングタイム比較

2017.07.19 (Wed)

DSC09521s.jpg

家の西側に芝の代わりにならないかと実験的にクリーピングタイムを植えてみた。

先ずはクリーピングタイムの白花x5株。
ここはほぼ一日中日が当たる場所。

草取りをして、伸びた分並べた石もずらしました。w






DSC09524s.jpg

こんもりと元気に茂ってグリーンがきれい。
乾いた土でも枯れ込むこともなく、面積をじわじわと広げてる。
密に茂る小さな葉が可愛いし、何より白花なのが私のお気に入り。






DSC09525s.jpg

その先に植えたのはレイタ―タイム。
こちらはちょうど家の影に入って日が当たり始めるのがお昼過ぎ。

白花に比べて、葉はこちらの方が一回り大きい。
花は極薄い紫ピンクで埋め尽くすように咲く(特に一番奥の株)。
白花に比べて成長が早く(それが売りらしい)、植えた時は同じ大きさだったけど、
今ではカバーしてる面積はこっちの方が広い。






DSC09527s.jpg

だけど中心辺りが蒸れて茶色くなってる。

いつもカラカラのはずなのに、土だって保湿性があるわけじゃなく粗い砂交じりなのに、
なんでこんなに蒸れるんだろう?
朝露? 日当たり?






DSC09522s.jpg

白花とレイタ―の間にジャーマンダーセージを植えました。



それにしても今年の水不足は数字を見るとそのカラカラ度が分かる。
雨量だけじゃなくて日照時間も関係していて、雨が少なく晴れが多い=余計に乾く、ということ。

原村の4月の平均降水量は96.9mm、それに対して今年は122.5mmで126%と多め。
しかしながら日照時間が平年値198時間のところ211.2時間で109%と乾燥気味。

5月は平均降水量の66%、日照時間も111%
と、雨が少ない上に乾燥。

6月は更に深刻で、平均降水量の34%しか降っておらず、日照時間は134%。
これじゃどこの庭も畑もカラカラになるはず。

さて、梅雨もそろそろ明ける頃だし、7月平年値162.9mmに対して
どれくらい降るんだろう。。。

諏訪湖では水位低下でヨット大会が中止になったそうだし、
畑も庭木も雨を待ちわびているはず。









Napoli signature new









10:23  |  ガーデニング  |  Comment(0)

植える場所

2017.07.16 (Sun)

DSC09279s.jpg

尖がった花びらにも少しずつ慣れて来たヤマボウシ 源平。
咲き分ける品種は楽しくていいけど、ず~っと眺めるにはうるさいかも。
やっぱりタダの白にすればよかったかな。。。






DSC09276s.jpg

ルーフで待機してる大切な柏葉アジサイをいきなり植え付けるには私の勇気が足りなくて、
その先遣隊として1ポットを現地で仕入れて植えてみた。
玄関前が寂しいのでここにしたけど、なんだかしっくりこないな。
植える植物を間違えたか、もしくは場所を間違えたか。。






DSC09290p2s1.jpg DSC09291p2s1.jpg DSC09292s1.jpg

りんご あかね
以前はもっと多かったけど今はこれだけ残ってる3兄弟。
サイズは3cm、枝が重みでユラユラしていたので女竹で支柱を立てました。






DSC09293 (1)s

ネグンドカエデ フラミンゴはルーフでも古株組で
2008年に私が本家ブログを始めた頃から登場してる。
約10年もの長い間をずっと窮屈な鉢で我慢して来たものだから
地面に下ろして貰った途端嬉しさ爆発したみたいで
ビッグバンの勢いで枝が伸びてる。

足元の枝はなるべく落とさないでこんもりした樹形にしたい。






DSC09296 (1)s

フラミンゴの新芽は春だけじゃなくて梅雨の今もやっぱりピンクできれい。


それにしても毎日水不足でカラカラのはずなのに私が行くと雨ってどーゆーこと!? ┐( ̄― ̄)┌









Napoli signature new









08:03  |  ガーデニング  |  Comment(0)

コニファーに花が咲く?

2017.07.15 (Sat)

DSC09426s.jpg

ルーフから連れて来たブルーヘブン。

今年新たにコーン(球果)が付いているのを発見!
この初々しくて明るいブルーのコーンは今年の秋にはまだ熟さず、
これから丸1年を掛けて来年の今頃か秋に紺色になるはず。

ブルーヘブンはルーフにいた頃はこじんまりの鉢植え苗木だったのに、
地面に下ろしたら嬉しさが爆発したのかワイルドさが出て来た。






DSC09427s.jpg

コニファーは鱗葉が好き。
そしてブルーヘブンはその名の通り枝の先の葉のブルーなところが好き。
コーンも。♡






DSC09428s.jpg

一部葉が赤紫になっているところがあって、
そう言えばブルーヘブンは冬季は赤味を帯びた藤色が混ざったようなシルバーに変身するから
冬の名残りで色が残っているのかと思いながらよく見たら、






DSC09428 (1)s

赤紫と紫の部分はカールしていて鱗葉の部分とは形状が違う。

これってもしかしてブルーヘブンの花?
え~っ、コニファーって花が咲くの???









Napoli signature new









00:11  |  ガーデニング  |  Comment(0)

魅力的なワインレッド

2017.07.14 (Fri)

DSC09264s.jpg

朝陽が射しこむと急にそこだけ眩しいほど明るくなって
朝露の水滴がたくさん付いた地面の草の葉がキラキラ輝き始める。






DSC09273s_20170714075704925.jpg

白樺の小道に植えたお隣さんからいただいたラムズイヤーみたいな葉の植物に
ワインレッドの花が咲いてる!
背丈もあっという間に1.5倍くらいに伸びてるし、
水切れしてないかいつも心配してたけど、朝露でそれなりに水分取れてるのか、
ご本人様の生命力なのか。。
勿論いろんな人に水やりして貰ってるのが一番だと思うけど。w
いつも雑草ばかりが茂る私の庭でこうして花が咲くようになるなんてまだ信じられない。






DSC09506 (1)s

青味を帯びたワインレッドはオレンジを一切含まない透明感のある深い色合いで、
花の形は素直なまでにシンプルで一重。
この色好きだわ~。♪

たてしな自由農園の花苗売り場にも花が咲いた状態の苗があって、
あ!ウチのと同じだ!
。。と思ったのになぜか名前見て来るの忘れた。^^;;

あなたはだあれ?


<追記>
フランネル草 
日本名 酔仙翁(スイセンノウ)
の赤(紅)色

ばぐさんに教えて頂きました。
ばぐさん、わざわざ調べて下さって&教えて下さってありがとうございました~! ♡ ♡ ♡
<追記//>






DSC09385s.jpg

もう1つ嬉しいサプライズで、
全体的に葉が茶色く枯れてしまってウチのカラカラ環境じゃ無理か~と諦めていた
アナベルが復活していて花x5まで!

葉が枯れ落ちたところからは早速新しいベイビー葉が出てるし、
へぇ~、地植えって鉢植えよりもずっと強いのね。

保湿にと刈った草を足元に敷いて置いたのが多過ぎたのか蒸れてしまっていたので
少し残して殆どは取り除きました。






DSC09281s.jpg

フロントヤードに仮植えしてあるデイリリーがラッシュアワー状態になってる!
左からはマグノリアが覆い被さってるし、右からはヤマボウシ。
デイリリー自身も株数が増えていて、移植して株分けしないと
これじゃ花が咲くスペースも無いわ。






DSC09282s.jpg

右奥の隣の株も然り。

だけど今はタイミング的にも移植出来ないし、秋か。。






DSC09284s.jpg

少し変化を付けたいと思ってバックヤードから大きめの石を幾つか拾って来て並べてみました。
20cmくらいで両手で抱えて持てるくらいの大きさ。
当然だけど石って重たい! こんなに重いものだったっけ?って思う程。
ヤワな私はそれを10個運んだところで体力的にも腰もギブアップ。
本当はもっと詰めて並べたかったけど、そうするとほんの一ヶ所に集まって短くてラインにならない。^^;;









Napoli signature new









08:44  |  ガーデニング  |  Comment(2)

雨女の威力

2017.07.09 (Sun)

出掛けたのは7月6~8日。


DSC09213s.jpg

近所では月見草が咲いていて、明るい黄色が涼しげ。
もうそんな季節になったのね。


山の家に到着したお昼過ぎはいいお天気過ぎて帽子被っていてもクラクラ来そうなくらい。
庭はかなり乾いているところがあって草木も喉カラカラになっていたので早速水やりしました。
時間掛けてゆっくりたっぷり。

。。だけど水着生地みたいな厚手の長袖上着にゴム手袋、帽子とゴーグルみたいに隙間が無い防護メガネで
完全装備して日向で作業するのはメチャキツイ。
大体ご近所さんだってこんな時間に外で作業してる人なんていないし。
水やり終わる頃には息はゼーゼー、もうダメ~~。^^;;
(草刈り用の防護メガネすると目がかゆくならないって発見。今は何の花粉?)






DSC09241s.jpg

水やりを終えたらフォトタイム。
この頃から急に雲が出て来た。

嬉しいことにアカシデが芽吹いていました。
え~、ホント!?
だって春の芽吹きの季節はとっくに過ぎてるし、巷は7月に入ってそろそろ梅雨も明ける頃なのに?
もうこれ以上は無理って諦めてたのに。
点滴してもらったのが効いたのね。w






DSC09242s.jpg

うん、確かに葉が展開してる!

あぁ、嬉しい~~!
嬉し過ぎて泣けてくる。
芽吹いてくれてありがとね。


この後残りの造園の打合せがあって、
芝と白樺の小道の施工や、アカシデを動かしてハクウンボクを植えて貰う件、
フロントヤードのオオデマリとマグノリアアップライトを別れさせて
野バラを抜いて貰ってそこに移動するなどの話して、
私としてはもうこれ以上待てないから気持ちとしてはこの秋に施工して欲しいけど、
施工の順番(先に芝生を敷いてしまうと重機が入れない)やその後の水やりや
樹木にとっていいタイミングをプロの目で総合的に考えると
やはり来春の方がいいということになり。。。   

と言うことは、ルーフの待機組は更に半年以上待つことになり
実家から分けて貰うはずの大量のジャーマンアイリスも動かせず、
寒冷地の遅い春まで待つって一体何回寝るんだ? 250回?270回?
トホホ、トホホ、トホホ。 もうガックリ。  _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ 

完全に脱力してる私を見て可哀想に思って下さったのか
芝とアカシデ以外のところでドライクリークの施工をこの秋にして下さることになり、
庭はまた一歩前進することに。 やったー!

水やりのことも聞きました。
どのガーデニングの本見ても樹木にこんなに頻繁に水やりしなきゃならないって書いてなから、
樹木ビギナーの私は、去年の秋に植え付けて貰って半年経ってる訳だし
てっきりこの春はのんびりと眺めて楽しめばいいのかと思っていて、^^;;
そしたら今年の春は特に雨が少なくてどこの庭も畑もカラカラだったそうで、
初めての春を迎えて芽吹きで一番水が飲みたかった我が家の庭も同様だったそう。
そうだったのか~。

多忙にも拘わらず何度も通っては水やりをして下さったりアカシデに点滴してくださったりと
通えなかった私の代わりにいろいろと心を配って下さって大感謝です。






DSC09224s.jpg

前回つぼみだったウツギ(これは野生で名前はただの「ウツギ」)が満開になってる!






DSC09219s.jpg

純白でベルのような花が房になってぶら下がって咲くウツギの花。
好きだわ~。


その後アヤシイ雲はどんどん厚くなって更にアヤシクなり、
夜はデッキにバチバチと当たって弾ける水の音が家の中からも聞こえるくらいの土砂降り。

こらーーっ!!!








Napoli signature new









07:39  |  ガーデニング  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT