01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

原村は雪

2018.02.08 (Thu)


出掛けたのは2月1~5日。

東京を出発する時は晴れ、途中雪がちらつく程度だったのが、
中央道長坂辺りで本格的に降り始めた。
いつもここら辺で雪が降り始めるのよね。標高700mくらいが雨と雪の境目に何か関係してるのかな。


DSC03190s.jpg

諏訪南で降りて真横に雪が降る原村を走る。






DSC03204s.jpg

その日の夜は父が実家に残っている廃材を小さく切ってくれた木片を薪にして薪ストーブを焚きました。
ペンキもニスも何も塗っていないサラのところを選んでくれたので煙や臭いも無し。
実は廃材はもう何年も倉庫で乾燥してあったので(ただ放置してただけ?^^)パーフェクトなまでに乾燥していて、
ま~、なんて気持ち良く燃えること!

最近はいい感じに熾火を作れるようになって来ました。
やっと薪ストーブの扱いに慣れて来たかな。w









Napoli signature new









12:13  |  山の家  |  Comment(0)

薪ストーブの窓ガラスを掃除する

2017.12.09 (Sat)


DSC02496 (1)s

落葉樹は既に葉っぱを落として、遠くの御嶽山(だと思う)も白く。






DSC02473s.jpg

さて、薪ストーブの窓ガラスがすすで真っ黒になっていて
燃えてるんだかないんだか中の火が見えないので掃除しました。

薪ストーブの窓ガラス用のクリーナーをキッチンタオルに付けて
円を描くように拭き取っていくこと数分。






DSC02474s.jpg

最後まできれいに拭き取って完成。






DSC02534s.jpg

大成功。w








Napoli signature new









22:40  |  山の家  |  Comment(0)

熾火が出来た

2017.11.18 (Sat)


出掛けたのは11月14~17日。



DSC02000s.jpg

14日の夜は寒かったので薪ストーブをつけました。

炊き付け用の細い薪を変えてみたのが良かったのかくすぶることもなくその後も順調に燃えて
いい感じに熾火を作ることが出来たので記念にと、






DSC02002 (1)s

フロントドアを開けたら酸素が入ってまた燃えだした。
熾火は熱と炎を体内に貯め込んで流れ出す溶岩のよう。

。。にしても、あ~、安納芋買っておくんだった~!








Napoli signature new









11:09  |  山の家  |  Comment(0)

薪ストーブのフルメンテしてもらいました。

2017.09.23 (Sat)

今年3月になんだか酸欠みたいな感じで着火してもくすぶって
そのまま火が消えてしまうを繰り返した低調薪ストーブ、(その後はずっと放置 ^^;;)
設置してから2年が経過したのもあるので最初のフルメンテナンスをお願いしました。



DSC00488s.jpg

先ずはストーブの首にオサレな赤いマフラーを巻いて貰って準備OK!
(だけどこれが何の為だかは分からない。^^;;)

ストーブの前に毛布を敷いて準備をして、
外に出てハシゴを掛けて地上から1階の屋根に上ったかと思ったら
1階から2階の屋根はハシゴ無しで屋根をタタタタと伝ってたちまち煙突のある場所へ。
背中に1mくらいある長いブラシを斜め掛けして走る姿はまるでカッコイイ忍者のよう。♪






DSC00496s.jpg

ドアや触媒などみんな外してチェックしてきれいにしてくれました。

火がくすぶっていたのはどうも私の火のつけ方や使う薪の種類などいろんな理由が考えられるとのことで
いろんなアドバイスをくれました。

・広葉樹よりも針葉樹の薪の方が勢いよく燃えてストーブには理想的な温度の上がり方になる。
・焚き付け用の薪は私がホームセンターで購入する広葉樹で樹皮が付いてるのは使い辛い。
・着火時は家中の換気扇を止める、煙突の中に上昇気流を作ってから着火。←これはいつもやってる
・熾火を床に広げて温度キープ。

温度のことや理想的な薪(炎)の状態などいろんなことを教えてくれて
中には最初に聞いたのに忘れてたことなんかもあってとても勉強になりました。

今回学んだ中で一番のキーワードは「熾火をストーブの床一杯に広げる」。
私は薪を炎が見える状態で勢いよく燃やして火が見えなくなったら終りにしてた気がする。
大切なのは炎が見えなくなって薪の中に炎と熱がこもる熾火の状態。
これを長くキープすることで家全体が温まる。
そうか~、私って勿体ない薪の使い方してたかも。

それでも煙突内のすすの付き方を見るときれいな方と言われたのでちょっとホッとしました。

お店に行くと私でも使える薪割り機の体験なんかも出来るらしいから時間見つけて行ってみたいな。






DSC00500s.jpg

きれいにして貰ったら新品のようにピカピカ。♪
次回は2~3年後。

その日の夜は冷える予想だったけど大丈夫だろうと極薄の夏布団1枚のままで寝たら、
明け方は8℃まで下がって、寒くて目が覚めて1枚毛布を足しました。








Napoli signature new









21:39  |  山の家  |  Comment(0)

ナンチャッテ Foyer でブドウ狩り

2017.03.29 (Wed)

。。。は出来ませ~ん。^^;;






DSC06308 (1)s

無機質なFoyerに色を足したくて、
でもグリーンだけじゃつまらないから美味しそうな実が付いてるのがいいな。♪






DSC06315 (1)s

。。で思いついたのがブドウ。

美味しそうでしょ。♪
見る度に捥いで食べたくなるでしょ。♪♪
階段を上り下りする度に楽しくなるでしょ。♪♪♪

だけど食べられませ~ん。w

ブドウ狩りもしちゃダメよ~。(笑)









Napoli signature new










21:14  |  山の家  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT