08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

デイリリーを植えに

2014.09.16 (Tue)


DSC04401a.jpg

土地の野バラにはヒップが付いていました。
早く赤くならないかな。
(だけど花はタイミングが合わなくて見てないんですよね) 





DSC04405a.jpg

バルコニーから持って来て移植したバラ パパメイヤンは足元からシュートが。w





DSC04410a.jpg

オオデマリはもう紅葉してる!





DSC04411a.jpg

エゴポディウム(斑入りイワミツバ)は大きくなってるんだかなってないんだか。。
だけど土地にしっかりと根が慣れて来ているようには見えました。





DSC04414a.jpg

マグノリアは移植成功だったみたい。





DSC04415a.jpg DSC04418a.jpg DSC04423a.jpg

だけどショックなのはこちらのお3方。(桜x2とクラブアップル)
息してるんだかしてないんだか。。。な~む~。
こんなことなら庭が出来てから苗を買うんだった。





DSC04408a.jpg

今回植えたのはデイリリー2鉢のみ。

本当はデイリリーもう1鉢と、ハナミズキがあったけど、
午後3時を過ぎていたし、私も疲れてきていたので、そのまま持って帰ることに。

さ~て、ここからが問題。
私、視力回復の手術受けたのが理由か、暗くなると視力がグッと落ちるので
どうにか暗くなる前に家に着きたい。
そこで作業は途中だけど切り上げてそのまま帰路へ。

そしたら、車線規制とか渋滞とかで、かなり時間が掛かってしまいました。
途中、雨は降り始めるし、山を抜けて東京の住宅地が見え始める頃にはかなり暗くなっていて
首都高は道幅は狭いし、暗いし(でも意外と電燈で明るかった)、
ひえ~~(汗)と思いながらも慎重に運転して帰りました。
緊張しっぱなしの運転で、なんとか無事帰宅したら午後7時過ぎ。
結局3時間半掛かりました。
もう疲れて、疲れ過ぎて、家の階段上るのもヘロヘロ~。
でも気持ちは既にまた原村行きたいモード。♪

次は現地で設計士さんと打ち合わせがあるので楽しみです。
私なりに資料とかリクエストとか質問とかまとめておかなくちゃ。

06:24  |  ガーデニング  |  Comment(2)

原村は夏の太陽と秋の風でした。

2014.09.14 (Sun)

DSC04395a.jpg

この日の原村は、太陽サンサンで、空気が澄んでいて、
陽ざしが肌に突き刺さるくらい良い(良過ぎる?)お天気。
日焼け止め沢山塗って行って大正解でした。

今回も1人で出掛けて、久しぶりに原村の森の中をゆっくりドライブしました。
日陰はひんやりとしていて気持ちいい。

この景色を見たら、あまりに素敵で、
前後見て他に車と人がいないことを確認してパシャパシャ。♪





DSC04375a.jpg

森を抜けたら、大きな池が。(農業用の溜め池?)
誰もいなくて静か。





DSC04380a.jpg

水辺には黄色(あなたはだーれ?)や、
ピンクの蓼や、青いツユクサなどが咲いていて、




<追記>
黄色の花は、オオハンゴンソウ。

Cocoさん、教えて下さってありがとうございました~。^^

<追記//>





DSC04381a.jpg

こんな紫の花も。
名前を知らない花がたくさん。


<追記>
ツリフネソウ

ばぐさん、教えて下さってありがとうございます~。^^
<追記//>





DSC04384a.jpg

何かの木に絡まって伸びている蔓のところどころに赤い実がなっていました。
残念ながら、これも名前不明。
赤の色がとっても鮮やかで、私が鳥だったら真っ先に飛んで行きそう。w

少しずつ山の植物の名前を覚えていったら、お散歩していても楽しいでしょうね。 





DSC04388a.jpg

足元には小川があって、水のきれいなこと!
水の音って好きだな。

私達の土地にも、近くに小さな川があるので、水の音を聞きながら寝るのが夢です。
だけど川は小さいし水量もさほど多くないし、水の音、枕元まで届くか!? 



出掛けたのはおととい。

朝、主人が出掛けた後に私も出発して、途中で休憩を2回取りながら走ったら、
片道2時間半近く掛かりました。(2時間超えると遠い~)

到着して、先ずはcocoさん宅に寄らせて頂いて、家のことまたいろいろと教えて頂きました。
自分1人でPCの前に座ってあーだこーだと考えあぐねるよりも、
お話伺う方が何倍も参考になります。
お庭で採れたバターナッツかぼちゃを頂いて、教えて頂いた通りスープにしようと思ったのですが、
形が可愛いので先ずはデッサン。♪

次にブログでお付き合いがあるものの、初めてお会いするとっとさん宅にも寄らせて頂きました。
ず~~~っとお会いしたかったから嬉しくて、私かなりハイテンションだったかも。^^;;
原村に溶け込むようなとても素敵なお宅で、気持ち良くて、リラックス出来て、
フロアプランや動線のアイディアも素敵だし、 何より空間の使い方がとても上手。
家に入った途端、中の空気があまりに気持ち良くて「これ何ですか?」って聞いてしまったほど。
我が家の設計が進行中の今この時期に拝見出来て大感謝・大感激でした。

私の家とはスタイルこそ違うけれど、cocoさん宅も、とっとさん宅も、
家作りってこういうことなのね、気持ちよく住まうってこういうことなのね♪、
というアイディアを沢山分けて頂いて、今回のお出掛けは大正解でした。


その後、土地に戻って、マンションのバルコニーから持って来た鉢植えを植えました。


続く。。
13:03  |  八ヶ岳  |  Comment(2)

階段

2014.09.02 (Tue)


何て可愛い階段!

最初の数段だけが見えるのって、この先はどう繋がっているんだろう?って
想像するだけでワクワクします。

こんな写真見ると、階段ってただ階段だけじゃなくて、
部屋の一部と言うか、家の一部と言うか、
雰囲気作りの大きなパートを担ってると思うんです。
この部屋に階段が無かったら、可愛いけどただの部屋(FOYER?)。








現在考えているのは、こんな感じのコの字で玄関ドアの上を通る形。

最初はコの字の3画を3等分して設計を始めたのですが、
やはりそれだとイマイチ面白くないので、
最初の1画目を写真のように少なめにしました。

ところが、ここで問題発生。
1&2画目の段数が少ない=3画目に入る時点でまだ十分な高さがない=ドアが入らない。

2画目を長くすればドアの上を通る頃には十分な高さを確保出来るのですが、
その分の奥行きが必要となるので、今度は床面積が足りない。

コの字型は90度に曲がる箇所(踊場)で面積を取るので、
1&2画目を統合して直線で長くして、L字にしたらどうかと考えています。
だけど、ただのLじゃなくて、やっぱり何かチャームポイントが欲しいな。
最初の3段だけ30~45度くらいでカーブするとか?








ここからは我が家の参考にと言うよりも、憧れてしまうような素敵~♪画像です。

何て贅沢なスペースの使い方!

この写真を見て、階段下スペースがもったいない!、なんてケチなこと考えてはいけないんですよね。
スペースをふんだんに使える家なのだから。
一気に2階まで上ってしまわないところが何とも贅沢ですよね。

シャンデリアがこんな普通のじゃなくて、鹿の角を編んだのだったらもっと素敵なのに。








上るのが楽しくなる階段。♪








忍者屋敷の仕掛け箪笥みたい。(お洒落な忍者ね。^^)

私は、物を仕舞ったら最後、絶対に見つけられない!!








ロッキー山脈の麓に山小屋建てるなら、こんなワイルドな階段もいいな。♪
そして家の前を流れる小川でビーバーを飼うのだ。w








これだと階段下が上手く使えますね。
階段って実は結構床面積食うけど、これだと最初の数段+踊場だけなので、
スペースを有効利用出来る。

アイアンのデザインがスッキリだから階段全体の見た目も重たくないし、
踊場に窓があって明るいのも、グッドアイディア。

それにしてもリビングのど真ん中に階段が主役という発想!








いろいろ見てたら、こんなゴージャスなのについ目が。。w

柔らかいカーブ&アイアン&階段ステップの色がよく合って。。
と書きながら、一瞬、アイアンの黒が重たいかなとも思ったのですが、
これがアクセントになってるんですね。
私だと手すりも白かベージュにしそうだけど、それだと全体がボケてしまうのでしょうね。

この家、一番素敵なのは何と言っても絶対に床のタイル!!
こんなパターンで、Foyerかリビングかキッチンか、もしくは続きで、
どこかに使いた~~~い!!!
(予算オーバーで無理なの分かってるけど、どうしても諦めがつかない。)








一瞬言葉に詰まってしまいそうなくらい素敵。♡ ♡ ♡

階段の1段目に、美しいラインで作られたアイアン!
木の手すりも美しいし、階段の色が部屋に完全に溶け込んでいますね。
2階部分のアイアンのデザインもお洒落。

1階天井と2階(オープン)の縦長の吊りランプはお揃いのようで、実は少しだけ違うデザインだし、
正面アーチのラインの何て美しいこと!

重厚な雰囲気で、カラーコーディネイトも素敵だし、
目立たないけれどよく見るとここも床は私の好きなパターンのタイル。♡

中央の飾りテーブル1つで、我が家の家具全部買えそう。。(笑)



19:02  |  山の家  |  Comment(4)
 | HOME |