10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

やっぱりトルコ、どうしてもトルコ。

2014.11.28 (Fri)



トルコ大好きな私、
本当はキッチンのbacksplash(レンジ台奥の正面の壁)には
トルコのブルー&ホワイトのタイルを入れたかった。
それも私の大好きなチューリップ模様で。(//∀//)*・゜☆.。.:*・゜

ところが、探しても探しても見つからない。
フルカラーで赤やグリーンが入るタイプはあるけど私のイメージじゃないし、
やっとドンピシャの見つけたと思ったらサイズが大き過ぎて合わない。(ToT)

それでもやっぱり家のどこかにトルコを入れたくて、いろいろサーチしていたら
久々に見掛けたのがこれ。
随分前に見つけたものですが、トルコっぽくてチューリップが入ったモチーフのバスルームシンク。
色はグレーで落ち着いていて、16世紀のトルコ柄を元にデザインしたらしい。
ただ、良く見ると、ボタニカルスタディと言うだけあって、
絵のタッチがトルコのものとはかなり違うので我が家の候補にはならず、すっかり忘れていました。

今はシンプルに、なんでもないタダの白のシンクを考えていますが、
ブルー&ホワイトでトルコのタッチそのもののシンクって無いのかしら?

それじゃ自分で作ったガラスのボウルを使ったら?。。とも思ったのですが、
直ぐに割りそうだし~。
(そしたら号泣!)

あ、いかん、いかん、
こんなこと言ってのめり込んだら最後、家じゅうがトルコになるし、
その前に、いつになっても建たないわ。

それじゃ、foyer(玄関ホール)の照明をトルコガラスにしようか。。 ♡

だから~!
ダメだってば!!!








11:32  |  山の家  |  Comment(0)

壁の色

2014.11.16 (Sun)

私のベッドルームのテーマカラーはモスグリーン。
soft, calm, relaxing...がキーワードでドライウォールにする予定です。

色探しに見ているのはBenjamin Mooreのサイト。
ここ、楽しくて好きなんです。

全体ではペイントの色が3000以上と数が多いので、
先ずはColor GalleryでGreenに絞り込んで。
それでもGreenだけで668色あるので、自分の好みのトーンを探していきます。
私が好きなのは、グリーンベースに、ブルーとグレーがうっすらと入る色合い。
黄色が混ざるのは好みじゃない。

今気に入っているのはPistachio 色番561
う~ん、もう少しグレーが混ざった落ち着いたトーンでもいいかな。。

選んだ色のカラーサンプルをクリックすると、その色のトーンで濃淡が出て来たり、
似てるけど微妙に混色(グレー系とかブルー系とか)が違うグリーンが何色か出て来るので
微調整して自分の好みを探せるんです。

各部屋のサンプル写真とか見てると奇抜だけどお洒落な色が出て来て
もう目移りして大変。(笑)

それから合わせ色を提案をしてくれるのも嬉しい。
モスグリーンに、白・グレー・薄いベージュ・トルコ石を薄くしたブルーなんかが合うんじゃないかな。
そういうのはベッドリネンだったりカーテンや家具などで補えば良いし。

こういうの見てるとあっという間に1日が終わってしまうんですよね。

ブログ書きながら記事のプレビュー見て気が付きました。
私のブログのモスグリーン、そして合わせ色はブルー系のグレー。
これだわ!!(笑)

11:22  |  山の家  |  Comment(4)

照明

2014.11.15 (Sat)



ダイニングにはシンプルなシャンデリアが欲しい。
こんな感じの笠無しのキャンドルだけ5本、
アームも至ってシンプル。
拘りたいのは、先が細く尖っている形でいかにも炎が揺れているように見える電球。

国内で調達出来ればそれに越したことはないのですが、
探しても探しても好みのものが見つからないし、見つかってもとても手が出ないお値段。^^;;

なので、設計士さんにお願いして他の建材と一緒に輸入してもらうつもりです。

ところがここで問題発覚(というのはちょっとオーバーだけど)。

設計士さんに照明決めて下さいって言われて、
家全体の予算から割り出した数字の見積もりを照明でも作ってくれたので、
そんな価格帯のものを探して来ました。
「それじゃ、これでお願いします。」と打合せの席で提示したら、それでは予算オーバーだそう。
なぜ? どうして?? Why???

輸入というのは、商品代金に送料・税金・関税が加わる。。と、ここまでは分かっていたのですが、
設計士さん(=建築会社)の手数料が15%、
アメリカのパートナー会社(現地調達担当)の手数料が15%更に上乗せされるんだそう。

結局は、元の値段の倍になるそう。
え~!それじゃ自分で安い所探して個人輸入♪。。と思ったら、
自分で輸入しても変わらない金額になってしまうそうな。
知らなかった。。 ( ゚∀゚;)タラー

日常生活で掃除機1つ買うのだって、あちこち調べて少しでもお得なの探してくるのに、
何と倍の値段とは!
「同じ物ならより安く、同じ値段ならよい良いものを」が主婦の鉄則なのに。
夢でワクワクするはずなのに、こういう時に限ってケチな主婦魂が目覚めてしまう、
あ~こんな自分が恨めしい。。トホホ。

そしたらもっとガッカリなことに、
欲しいと思っていたシャンデリアがその店の10%オフ対象商品になっていて(ラッキー♪)、
その上に期間限定で更に15%オフのセールしてたから(ラッキー♪x2)=合計25%オフ♪♪♪、
「こういう時に仕入れて頂けないですか?」って聞いてみたら、渋~い顔されました。
そうか、そういうものなのね。 _| ̄|○ 

今は、サイズも価格も半分のものを探すか
(今の探すのだってあんなに手間暇かけたのに、またですか~~!?)、
それとも、もう頭にすっかりセットされてしまったシャンデリアをそのままキープするか。。
は~、それでなくても予算オーバーで引き算ばっかりなのに、どこで埋め合わせする??

家作りって私の根気と忍耐力を試す人生のテストみたい。(笑)



<メモ>
・アメリカの110~120vtの照明は、日本は100vなのでそのまま使える。
・LEDと書いてなくても、口が16か23なら使える。
 だけど可能と書いていない限り調光は出来ない。
 (LED電球だけ日本で調達。。と思ったら、炎の形が無い。(ToT))
(以上、電気屋さんで教えてもらった情報)


10:46  |  山の家  |  Comment(4)

寒冷地の窓は小さい方が良いの?

2014.11.07 (Fri)

夏の日は大きな窓から気持ちいい風が沢山吹き込んで、
冬の日中は窓から太陽の日差しが沢山入って暖かい部屋を想像してたけれど、
考えてみたら、窓が沢山=夏の日中は灼熱地獄&冬の夜は極寒っていうこと。

窓が沢山あった方がお洒落だし家の中が明るくなると思って、
私の希望を言いたい放題で設計に入れて貰ったけれど、ちょっと多過ぎたかも。
(その希望とは、これまで3年間雑誌やネットで集めた私好みの家の写真。
ところがどれも寒冷地じゃないところがミソ。^^;;)

特に2階のベッドルームは膝まで窓じゃなくても
胸の高さから上にあるくらいで十分なんじゃない?
。。って考えたら高さ152cmは大き過ぎな気がする。
122cmくらいは?
90だと小さいよね。。
幅にもよるな。

かと言って、窓を小さくすると、断熱はバッチリだけど部屋が暗くならない?

部屋の向きや、道路に面しているかどうかとかも考えなくちゃならないし、
全体のバランスとかもあるし。

100分の1の設計図に100分の1の私を書いて窓際に立たせてみたら
やっと感じが掴めました。
我ながらグッドアイディア。w
あ、主人のことすっかり忘れてた。

窓、やっぱり多いな。
どこをどう削ろう。。。
23:33  |  山の家  |  Comment(8)
 | HOME |