01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ダイニング フレンチドア

2015.02.17 (Tue)

これもずっと下書き保存されてたもの。




ダイニングに続くドアはガラスが入ってるのがいいな。
中がハッキリ見えてしまうよりは、部分的にすりガラスか何かで
部屋の中が分かるか分からないか、くらいの。

この写真のように鏡を使うと、ドアが重苦しくないし、部屋も大きく見えるし。

これはベッドルームだから、
クローゼットかバスルームに続くドアかしら。

鏡のはめ方がお洒落。
23:07  |  山の家  |  Comment(0)

素敵になってワクワク♪

2015.02.14 (Sat)

大胆に外観を変更した改訂版の設計図が届きました。

私の乏しい理解&想像力だと、平・立面図を見ても
空間の雰囲気がイマイチ掴めず。
そこで模型を作って、室内は部分的に立面図を描いてみました。

そしたら、まぁ、何てステキ!
希望のままに変更しただけでなく、更に素敵に仕上がって来ました。

階段のデザインは私が最初から拘って、拘り過ぎて、全然決まらなかったところ。
それが設計士さんのアイディアで、階段が空間を遮るのではなく、
限られた空間を更に自由に見せてくれる演出。
想像以上になって返って来たので、もう大興奮。w

そしてもう1つアイディアで足されていたのは、
階段を上りきった2階の廊下から北アルプスを眺めるという夢の実現。
私自身すっかり忘れていたのに、
「階段を上りきった先に北アルプスを眺めるビューポイントに続く小道」を
作ってくれました。
家の中に小道。 うふふ。♪

自分で作った模型を上から覗き込んだ瞬間にドキッと来てしまいました。
嬉しいな。


ところで、いつも違うと思いながら書いているのですが、
私が設計士さんと呼んでいる人はタイトルとしては営業担当で、
だけど単に営業するだけじゃなくて、デザインを始め総合的にプロデュースしてくれて、
素敵なアイディア満載のオールマイティーな人物。
日々のやり取りも担当してくれます。
もう1人、設計図を描く本当の設計士さんがいて、いつも2人ペアで対応してくれます。
だから土地を見る時も、打合せの席で設計で急に何か出て来ても、
その場で直ぐに答えが出てササッと設計図描いて解決するので、とてもスムーズに運ぶんです。
「それでは社に戻って、担当の者から後日連絡を差し上げます。」って言うのが無いんです。
2人で動くアイディア、とてもいいと思います。

これまでもあーだこーだと煩い私の希望を全て消化してくれて、
その上に更に素敵に仕上げて(設計)くれて、大感激&大感謝です。

これで外観は決まったから、次は内装や建材をどんどん決めていかないと。
22:12  |  山の家  |  Comment(5)

キッチン&DRE カウンタートップ

2015.02.12 (Thu)

こちらのブログに下書き保存したままになってる記事が幾つかあるので、
タイムラグがありますがアップします。



キッチンカウンタートップを流れ模様の人工大理石にしたくて探しているのですが、
国内で取り扱っているところは昔に比べるとずっと少ないそうで、
なかなか見つかりません。
希望は白に近いグレー地に明るめのグレーの流れ模様。

キーワード:white marble counter kitchen













キーワード:Carrara marble

カラーラの大理石は色も模様も好み。
だけど本物の大理石はメンテが大変だし、私なんて直ぐにシミ付けそう。
だからやっぱり人大がいい。

ここで笑い話:
見積書のカウンタートップのところに「人大」って書いてあったので、
人の大きさのものって何だろう??と真面目に考え込んでしまいました。
それが人工大理石って分かった時は、あまりに簡単で自分で可笑しくって。






キーワード:granite countertops

素材もいろいろ。

突っ込んで考えれば考えるほど、調べれば調べるほどドツボ。






キーワード:quartz countertops


結局、自分で見つけたアメリカのメーカーのものは
以前輸送中に事故でもあったのか、現在は日本には輸出していないとかで却下。

そうしたところ、国内のもので良さそうなものがあって
設計士さんがサンプルを入手してくれたので
次回の打合せの時に見るのが楽しみです。

お揃いのカウンタートップをDRE(ドレッシングルーム)のカウンターにも使いたい。

ところで、このランプ、好みだわ。♪



20:32  |  山の家  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT