02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

この期に及んで。。

2015.03.31 (Tue)

契約も無事終わって、さぁ、あとは着工を待つばかり。。♪
と、ほっとしたのも束の間、
またもや事件勃発です。

Foyer近辺の照明を確認している時に、
私が天井から吊り下げタイプのランプを考えていたところに、
壁に取り付けるタイプのブラケットとあったので、
確認を入れたのですが、どうも話が噛み合わない。

話しているうちに、私がきちんと把握していなかったことが判明。
これまで何度も、1階の話も、2階の話も、1&2階の話もしたのに、
図面を見ながら説明までしてくれたのに、
1階と2階が私の頭の中で繋がっていなかった。。汗

そこで担当の方が3次元パースをささっと描いて下さって
(それも、上から、横から、斜めからと10通りくらい!)
改めて話をしたら、やっぱり私が理解していなかったことが明らかに。

その上、主人も3次元パースを見たら、
私が夢にまで見ていた「Foyer中央の空間を2階に駆け上る階段」が、
玄関のドアを開けたら目の前にド~ン!と横切るので、
圧迫感があり過ぎてNG、って言い始めて、
巡り巡ってを既に3回以上は繰り返してやっとここまで辿り着いた階段が
「スタート地点に戻る。」 ←人生ゲームみたい。

そんな訳で、今日は電話&メールして、階段の設計を大胆に変更して、
2階の「北アルプスを眺める窓に続く小道」のルートをどう変更するかを話し合って、
結局なんとか落ち着きました。(落ち着くようにしてくれました、設計士さん方が。)

だけど、私の夢は終わって、壁伝いのフツーの階段に変更になりました。
ま、吹き抜け部分は少し広くなったし、
玄関のドア開けたら目の前を横に階段が横切る圧迫感も解消したので
良しとしますか。

1つ長年の夢が破れた私は涙がチョチョ切れたけど、1晩寝たらきっと明日は元気に戻ってる。
その分、主人のOKが出たから、照明器具は好きなもの選んじゃおうっと。 ふっふっふ。♪

それにしても、我が家はどうしてこうも波乱万丈なんだ!?
。。じゃなくて、単に優柔不断、決断力・実行力の欠落ですか。

だけど、本当に泣きたいのは建築会社の方ですよね。
きっとブラックリストのトップに載ってるんだろうなぁ。
って思いながら、「申し訳ありません」って電話すると、笑顔の声で返って来る。
人(ひと)はどうしてそんなに人間出来てるんだろう。
申し訳ないけど、それよりも感謝倍増です。
私も少しは恩返し出来るように頑張らなくっちゃ。

16:38  |  家を建てる  |  Comment(2)

契約で団結式

2015.03.30 (Mon)

昨日は山の家の工事請負契約をしました。

土地を見つけてから既に3年半、
設計は紆余曲折の連続で、優柔不断な私はああ言ったりこう言ったりで、
外観、フロアプラン(特に階段は何度描き直したことか!)などなど、
立面図は12回、平面図は14回描き変えていて、
その他部分的な細かいフロアプランに関してはその倍くらい。
ここまでやり取りしたメールは270通。
よくぞここまで真面目に親切にそして親身になってお付き合いして下さったものだと
感激&感謝の気持ちで一杯です。

設計士さんや建築会社の皆さんにはその都度お手数とご迷惑をお掛けましたが、
私の希望は全て吐き出して、その中から可能な範囲内のものは採用されたし、
無理なものは良いアイディアを貰って補ったりと、
長い道のりでしたが、結局は落ち着くところに落ち着きました。
気が付いたら、あーだこーだと言った挙句に元に戻ってたというのも多々。^^;;
家の配置に関しては2つのプランの間で迷って迷って
契約日直前ギリギリになってやっと決めたと思ったらオリジナルプランでした。
今では向うも私のことすっかり分かりきっていて、
巡り巡って元に戻るのも予想していました、って。(笑)
本当に申し訳ありませんが。。とその都度言って思って、
だけどそれよりも感謝の気持ちの方がずっと大きいです。
これで家が完成したら、私の一生忘れない人のうちの2人になるんだろうな。


建築会社のお二人、昨日は朝に仙台を出発して、東京の我が家で契約、
その後長野まで帰られました。
1日で一体何キロ走ってるの!!


さぁ、4月は地鎮祭と着工。
いよいよ次のステージが始まるのかと思うとワクワクが日々倍増です。♪
昨日の契約は、これから更に皆で力を合わせて頑張りましょう!という
団結式でもありました。
最後は全員で力と心を込めて握手して終了。


そして私は真面目に未定の建材を決めなくちゃ。。(まだ&また迷ってる。^^;;)
照明、トイレ・バスのフロア&壁タイル、薪ストーブの断熱タイル、洗面ボウル&水栓、
などなど、見てるのに決まらないの。
まだまだ道のりは長い。


話は戻って、昨日は我が家で契約と言うことで、慌てて大掃除しました。
いつも手抜きなものでこういう時のしわ寄せは大き過ぎる。
頑張ったら私だって掃除が出来るんだって初めて知りました。(笑)
だけど疲れ果てて、もう当分掃除はしたくない。
だから、今年の大掃除はこれでおしまいにすることに決めました。♪♪♪
ん?そう言えば、去年の暮れに「私、大掃除は冬は寒いから、春になったらする」って
宣言したんでした。
と言うことは、こんなに激疲れしたのに去年の分だったの!? ( ゚∀゚;)タラー


09:36  |  家を建てる  |  Comment(0)

自然はワイルドだ!! 

2015.03.25 (Wed)


おとといは原村で契約前の最後の打合せがあったので出掛けて来ました。
終了後は皆で土地へ寄って建て位置を最終確認。


冬の間に降り積もった雪で、私が植えた植木たちが生き延びてるかどうか
見て回っていたところ、
何だか土地の風景が違う。

なぜ??





DSC05560s.jpg

野バラは強い!
毎年元気にどんどん成長して、野バラのブッシュが出来始めていました。

それは良いけど何かが足りない。





DSC05562s.jpg

野バラのベッドの周りに並べた石ころ、





DSC05561s.jpg

あれ?
こっち側に並べてあったのはどこ行っちゃったの?
それにこの地面がボコボコなの何!?




ふとその先に目をやると。。。





DSC05559 (1)s

土地にゴロンと寝転がっているものがあって、
近づいてみたら、
な、なんですか、これは!? 

良く見たら、何と私の宝物のアンズ ハーコット!!! Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

見事に根っこから引き抜かれてました。





DSC05563s.jpg

一体どれくらいの間(何日?何週間?)、放置されてたのか分からないけど、
取り敢えず植え直して、再度堀り起こされないように石を置いて、
車に積んであった2Lの水をたっぷり撒いてきました。
復活するかな。。





DSC05564s.jpg

その後、奥に植えたマグノリアを見に行ったら、背が縮んでる。。
支柱も見事に倒れて地面に散乱していて、
あ~、雪の威力って凄いのね~、と半分感心していたら、





DSC05565s.jpg

あら?
隣の木まで背が縮んでるし、支柱もメチャクチャ。

雪って本当に重いのね~。 タメイキ☆


。。と思ったら、





DSC05566s.jpg

アップで見たら、これも途中でボッキリ折れてて、ショック!

は~☆(再度タメイキ)

。。と足元を見ると、





DSC05568s.jpg

折れた先の枝が無残な姿で転がっていて、
ここも地面がボコボコ!!





DSC05567s.jpg

足元だけが無残に残った木の回りには、
穴が幾つもボコボコと、黒くて小さいツブツブが沢山!


ここまで来てやっと分かりました。
犯人は鹿です。

まさか私の土地にまで来るとは!



だけどよく考えてみれば、元々この地は神様にお供えする鹿を捕っていた場所。
鹿が生息しているのは不思議ではないし、
彼らの縄張りを壊して人間が入って来た訳で、お邪魔なのは人間の方。



建築が始まったら寄り付かなくなるのかな。
それとも人間がいない夜の間に来て食べちゃうのかしら?

山に春が来たら移植しようと思ってるのが幾つか待機してるのに、
植える端から残骸になってしまうのかと思うと、もうガックリ。




う~ん、自然はワイルドだ。


いや、ワイルド過ぎる。。 _| ̄|○ 





19:50  |  山の庭  |  Comment(4)

キッチンカウンタートップ

2015.03.20 (Fri)

迷いに迷ったキッチンカウンタートップが決まりました。

あちこち調べてみたものの、
私の希望の流れ模様の大理石(Bianco Carrara)風で、
白地にグレーの模様の人工大理石が国内ではなかなか見つからないので、
私はアメリカやヨーロッパのサイトを、建築会社にも国内外で探してもらって、
先ずは候補を3社に絞りました。
その中から、結局最後に残ったのは、私が最初に見つけたもの。
巡り巡って元に戻って来ました。

そう言えば、家の外観もそうでした。

ま、人生、そんなものよね。w



決定したメーカーにはCarrara模様の人工大理石が数種類あるので、
その中から更に絞る作業がこれから始まります。

先日ショールームで見て来たのは実際にキッチンになっているもので、
Helixという模様だったのですが、実物大で見ると模様が流れて、ま~なんて美しいの!!
(行った次の日に鼻血出したのはキッチンで興奮したから。絶対そう!(笑))






s.jpg

残念ながらショールームに展示されていたHelixだけサンプルが無かったので、
他の候補x3種を貰って来ました。
上から、Lyra、Lagoon、Blanco Orion。
白地にグレーと一口に言っても、バリエーションがあるのです。
見てるだけで楽しい!

ところが、貰って来たサンプルは10cm角と小さくて、
色味は分かるけど、それぞれが持つ表情(模様の入り方)がこれでは分からない。
。。なので、一度倉庫にお邪魔して大きいものを見せて貰うことにしました。


これまで人工大理石をショールームに行って実際にいろいろ見て来たけど、
種類も品質も値段もピンキリで、
低い解像度の画像を見ているような、模様がドットになってるものもあれば、
高い解像度の画像のように模様が滑らかに流れていて美しく仕上がってるものもあって、いろいろ。

その中でダントツで模様が一番美しく滑らかなのは新製品のBlanco Orion。
白地の白が一番白くて美しくて私は一目惚れしました。

だけどキッチンキャビネットが真っ白なので、
人工大理石のカウンタートップは少しグレーがかった色味の方がいいのかも。


契約や建築の一連の工程表も上がって来ました。

14:57  |  家を建てる  |  Comment(0)

光に映える美しい壁

2015.03.17 (Tue)

壁は全てドライウォールにする予定。
施工に手が掛かるドライウォールだけど、その美しさは格別。



自然光でも美しいけれど、
こうして点灯すると、光が壁に反射するのではなくて、
吸い込まれて行くように映える美しさ。

この壁の色、好みです。♪








実はもっと私の好みなのがこの色。
うわ~、この深い赤ったら!!

ボストン美術館もこんな壁で、絵画を引き立てるのに一役かっていました。
この色、どこかで使いたかったけど主人に言ったら即却下。(笑)
確かに自分の家で、って考えると難しいかな。。
う~ん、光を当てても絵画を飾っても素敵なのに。








この紫もメチャクチャ好み。
我が家がスタイリッシュなモダントラディッショナル(なんだそれ?? ^^;;)だったら
この色使うのにな。

そしてキッチンキャビネットの溝の部分が壁と呼応するように渋い色になってるところが
これまた何とニクイ演出!

これってTraditionalと言うよりTransitionalスタイルなのかな。

ところで、ネットで建材を探すのにフィルターを掛ける時、
以前はtraditionalや、country、rusticなどのキーワードでサーチしていたのですが、
ある時、transitionalも私の好みだということに気が付きました。
Traditional感を残しながらも少しだけお洒落、
そんな感じかな。

それなら私が言う「スタイリッシュなモダントラディッショナル」も 
完全に外れてる訳じゃない!?








話はドライウォールに戻って、

控えめなモスグリーンだってこんなに映えるし、








グレー、ベージュに極僅かに紫を混ぜたブラウン、
何てお洒落!!
(私としてはカーテンと窓枠の飾り(window casingっていう呼び名で合ってる?)、
シーリングライトをもう少しどうにかしたいところだけど)

私って、暗い部屋に光が映るのが好きなんです。

。。と言いつつ、
現時点では、山の家の壁は全て白のドライウォールで仕上げて、
家具やカーテンなどで色を付けるつもり。

だけどこんなに美しい壁を見ると、折角ドライウォールにするんだったら
色を付けたくなっちゃうな、それも思いっきり。♪

いっそのこと壁に色を付けて、カーテンを白にする!?

いえいえ、白の壁は変わりません。
そして我が家はもっとずっとこじんまり。w





18:22  |  家を建てる  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT