03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

いよいよ開始

2015.04.21 (Tue)

何かを始める日は必ず雨になる強力雨女パワーの私、
昨日は案の定雨で着工出来ず、
今日の開始となりました。


20150421130440 (2)s


現場監督さんからの画像。
元から小さい画像がトリミングしたら極小サイズに。。^^;;

今週早速現場を見に行くつもりでしたが、
来週の配筋の時に行くことになりそうです。
高速混むだろうな。
行って帰って来れるのかな。。



22:56  |  山の家  |  Comment(4)

バスルーム配色

2015.04.20 (Mon)

バスルームは施工バスにするので、現在タイルなどの建材を見ているところ。

壁は上半分がグリーンの塗り壁、下半分が白系のタイル、
床はグレーの150角タイル。

壁タイルのサイズや質感など、
まだはっきりとしたイメージが自分の中で出来上がっていないので、
先ずは配色から。



<組み合わせパターン1>













<組み合わせパターン2>









パターン2くらい薄めの方が好きだな。

床のグレーのタイルがただ単色のものだと暗いし重い雰囲気になるから、
色ムラがある方が少しは明るくなっていいかも。

床150角は施工の理由でこのサイズを指定されたけど、
150角って少ないのよね。
300角なら迷って迷ってうれし泣きするほど沢山あるのに。。
う~惜しい。
けど、排水の為には仕方ないか。

白系タイルはサブウェイタイルが好みでずっと探して来たけど、
あまり小さいと掃除が大変だから、大き目の長方形の方が良さそう。
だけどそれって私のイメージに合ってる?




13:45  |  山の家  |  Comment(0)

地鎮祭

2015.04.19 (Sun)

DSC06005s.jpg

昨日は無事に地鎮祭を執り行うことが出来ました。

強力雨女パワーの私、何かをする特別な日は必ず雨なので、
それも「雨降って地固まる」でいいかとも思っていたのですが、
晴れ男が複数名参列とあってお天気になりました。

高速から見る山は桜と芽吹きの競演。





DSC06006s.jpg

木々の芽吹きって本当に美しいですよね。
何か芽吹きが美しい木を庭に植えたいな。(どれでもそう?)


。。なんて悠長なこと言ってられなかったんです。

昨日は土曜日、それも4月も半ばで陽気も良いし、道路は混む!混む!!
午後1時に現地集合なので余裕をもって9時に出発して、
早く着いたら土地を見てからコーヒーでも飲みに行って待てば良いと考えてました。
ところが、最近は打ち合わせをするにも平日しか出掛けていなかったので、
頭からこの時季の道路事情がすっかり抜けていました。

複数カ所で渋滞、時間を追う毎に渋滞がどんどん伸びて、2kmがあっという間に10kmに。
これは絶対遅刻だ~~!、と冷や汗、大汗、滝汗。

途中トイレ休憩なんかしている場合じゃないので、ひたすら走りました。
そしたら相模湖辺りからスムーズに走り始めて、結局は余裕で到着。
は~、焦った。





DSC06013is.jpg

八ヶ岳にはまだ雪が残っていました。
だけど地面はみんな融けて春。





DSC06018 (1)s

そしていよいよ地鎮祭が始まりました。

お越し下さったのは、諏訪大社の神主さん。
地鎮祭の前に諏訪大社について調べてみたところ、
諏訪大社は、長野県の諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社で、
信濃國一之宮。神位は正一位。
全国各地にある諏訪神社総本社であり、 国内にある最も古い神社の一つとされている、とのこと。
その4箇所のうちの上社本宮からお越しくださいました。

諏訪の土地なので、同じ諏訪の神主さんにお越し頂けたら嬉しいとは思っていましたが、
まさかそんなに由緒あるところから、たかが私達の土地にまでお越し頂けるとは!
恐れ多過ぎます。。(でも感謝感激)

私達が選んだ土地はその昔、神様に捧げる為の鹿刈りを行った神聖な地域。
その一帯のほんの一部ではあるけれど土地を分けて頂いたこともあって、私自身は
諏訪大社にご縁(なんて恐れ多いので、末端の末端のご縁で十分です。m(_ _)m )を
感じていました。

おおおおお~~~~~という大きな声で神様をお迎えして、儀式を行い、
この土地に住まうことをお許し頂いて、これから安全に暮らしてゆけるようお願いしました。
再び、おおおおお~~~~~という大きな声で神様をお送りして、終了。

儀式の間、台風みたいに物凄い風が諏訪湖方面から吹き込んで、
お供え物を乗せる半紙は飛ぶし、竹は斜めに傾くし、お供えした玉串は飛ぶし、
神主さんがお祓いに持つ幣(ぬき。棒に白い紙)までも何度も倒れて大変。
参列者の髪の毛は直角90度で真横になびいてるし。
けれど、諏訪大社は、風と水を司る神様でもあられるそうなので、
大いに私達を祝福して下さったと理解して感謝しました。

玉串奉奠は、台所にあるグリーンのシリコン製フライ返しを玉串に見立てて
何回も練習したので成功。♪
2礼2拍手1礼。

儀式の間、強いけれど暖かい春の風の中に
ああ、今、神様が私達の為に降りて来て下さっているのね、と思うと感激でした。





DSC06041 (1)s

地鎮祭の後は、近隣のお宅にご挨拶に伺ってから、建てる場所の最終確認とレベルの確認。
地上40cmで計画していたのですが、昨日地面にしゃがんで見てみたら
家を建てるところだけが回りよりも僅かに低くなっていたので、
10cm上げることで決定。

神様からの頂き物、大切なアイリスは工事中も移植することなくその場に鎮座頂くこととなり、
間違って踏んだり折ったりしたら大変なので4本太くて目立つ棒を立てて、
この後、現場監督さんがしっかりとロープを張ってくれることになりました。


さぁ、これでいよいよ着工♪
。。と思ったら、工事第1日目は雨の予報。(やっぱりそう来たか~!^^;;)
なので、現地を見に出掛ける前に監督に電話で確認してから出発することになりました。





DSC06050s.jpg

春になって暖かくなったら自宅からは見えなくなってしまった富士山も、
帰りの高速からは見えました。





DSC06054s.jpg

今年のお花見(ソメイヨシノ)はタイミングを逃したけれど、
これで十分に楽しませてもらいました。♪

いえいえ、ここより原村の方が上だから、今年もう1~2度は見る機会があるかな。


帰宅して、夕食は、
神様にお供えした鯛に、神様のお酒をふって神様のお塩をたっぷりまぶして、
オーブンで蒸し焼きにしてありがたく頂きました。









12:46  |  山の家  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT