05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

施主支給品第1号♪

2015.06.25 (Thu)

DSC06650s.jpg

施主支給品第1号が届きました。

フランス田舎町の蚤の市で見つけて来たというアンティークブリキタブ。
どの位かは分からないけれどそれなりに年月を経ていい味出しています。

古くなってジャンクっぽいのが欲しくて、
縦に深いバケツよりも少し横に広いタブの形してるのが欲しくて、
見た目が疲れて汚れてるのが欲しくて、
いつもの如くあちこち探して探してやっと見つけたのは愛媛のアンティークショップ。
ネット時代のお陰ね。

施主支給品なので、これも建材として使います。
何になるかは完成したらご報告しますね。





DSC06641s.jpg

壁の色を決めるのに、建築会社からも色見本帳をお借りしました。
そしたらあるある、1200色。
こりゃ目移りして大変だわ。(笑)

私が自分で購入したベンジャミンムーアのオフホワイト色見本帳(上)と比べると
色の数こそ少ないけれど、結構近い色もあって
早速見て迷って楽しんでいます。

リビングとダイニングはイメージは出来てるけれど
いざ探し始めたらほんの少しのトーンの差の間で案の定迷って、
100%に近い数字でイメージが完全に出来上がってるから楽勝♪と自信を持っていた
バスルームの壁の色までも、一旦決めた後にまた迷って。。。

要望があれば色を作ってくれるそうなので、
本当の気持ちは「これとこれを混ぜて中間の色を作って下さい。」って言いたいけど、
それをするときっと思い通りには行かなくて、
それに実際壁に塗ってみたらそんな微々たる差なんて私には分からないかも。


それにしても、あまり見過ぎるのは良くないですね。
結局は最初にピン♪とひらめいたのに戻って来るのに、
迷い始めるとドツボでブラックホールの渦に飲み込まれて行っちゃう。

。。て言ってもねぇ。。 ^^;;




Napoli signature new





17:08  |  家を建てる  |  Comment(0)

壁の色

2015.06.24 (Wed)

そろそろ各部屋の壁の色を決めなくてはならないタイミングになって来たので
具体的に考え始めています。
これまではずっと家中ただの真っ白にするつもりだったけど、
純白って実は色が強い気がしてきて、
今はほん~~の少しグレーやベージュなどが混ざるニュートラル系のオフホワイトを見ています。

ところが、リサーチして集めたリビングやダイニングなど部屋の色のイメージ画像を
PC画面越し見てみてもイマイチ色味が分からない。^^;;

そこで助っ人呼びました。
Amazonで購入したらその日のうちに届いて嬉しビックリ。♪ 
                   ↓

DSC06631ps.jpg

我が家にお越し下さったのはオフホワイトのみを集めた色見本帳。
広げるとファンの形になってるので、私が探したイメージ画像とすぐ隣り合わせに置いて
色を比較出来て、ドンピシャの色を探し易い。

最近Neutral loverの私、好みなのは左の5~6枚辺りのグレー~ベージュが入った色。

この見本帳に床のタイルと照明器具の写真を合わせて部屋全体のトーンを見ているつもりが、
いつの間にか、この色いいな~♪、あの色もいいな~♪と見本帳の中をうっとり眺めるばかりで
心は全然決まらず。
だって目移りしちゃうんだもん。

それにしてもドライウォール担当の塗装屋さん(もしくはペイントメーカー)、
ベンジャミンムーアのペイントを購入するんじゃなくて、
私が選んだ色を自分で混ぜて作るらしい。
ほとんど神業だと思うけど、それって本当に可能なのかしらん?
だって手が滑って1滴多く入れたら違う色になっちゃうのに。。
大丈夫かなぁ。。。
向うもプロだし、先ずはトライしてみて頂いて、
やっぱり何か違うと思ったら、その時にまた考えればいいでしょ。

次はカーテンの色を考えなくちゃ。

はぁ、果てしないわ。。





Napoli signature new


23:03  |  家を建てる  |  Comment(2)

6月18日の庭 Part 2

2015.06.22 (Mon)

DSC06598s.jpg

野バラはこの勢い!!

今年はタイミングが合って花を見ることが出来てラッキー。♪





DSC06602s.jpg

それにしてもこの爆発的パワー、
既にout of controlだっていう噂が。(笑)

地面に植えてある植物のパワーって本当にワイルド。
バルコニーでこじんまりの鉢植え達とは全くの別世界の生き物だわ!





DSC06606s.jpg

2011年の国バラショーでお迎えしたバラ、
アメジストフォールランブラー

「アメジスト色のお花が滝のように咲くランブラー」
と言うのが名前の由来だそう。
アクアフォレストナーセリーの作出。





DSC06607s.jpg

野バラに圧倒されながらも頑張って咲いていました。
だって野バラの真ん中に植えてしまったんだもの~。^^;;

耐寒性がちょっと心配だったけど、OKね。 良かった。





DSC06604s.jpg

バッタを見つけました。
マンションのバルコニーにはいないし、
こういう虫を見るのは山ならではね。





DSC06609s.jpg

野バラはピークを過ぎたところ、
ギリギリセーフでこのタイミングで見られて良かった。♪





DSC06613s.jpg

野バラコーナーが今は山の庭の唯一の花壇。

実は草刈りをして下さる方が、草と一緒に野バラを刈ってしまうのは忍びないと、
親切に、土地の一角を耕して、石を並べて花壇を作って、
敷地に生えていた野バラをここにまとめて植えて下さったもの。感謝~。
故に私はノータッチ。^^;;

家が出来ていざ庭仕事を始めるようになったら、
自分でちゃんと出来るのかしらん!?







Napoli signature new




08:28  |  山の庭  |  Comment(2)

6月18日の庭

2015.06.20 (Sat)

DSC06560s.jpg

我が家のバルコニーのデイリリーは終わってしまったので、
山の庭のはそろそろかと思って探してみたら、花芽が出て来ていました。





DSC06561s.jpg

私の大好きな深いブルーの花が咲くニゲラ ブルーイスタンブールはこぼれダネも一緒にお引越し。
これも増やしたいな。





DSC06562s.jpg

ショートカットになってるこのお方はもしかして鹿の仕業??
これで花芽は出て来るのかしら?





DSC06564s.jpg

実家の庭 → 東京のバルコニー → 山の庭と旅して来た名無しホスタも健在。





DSC06365s.jpg

5月21日にはこんな風に咲いていたオオデマリ、





DSC06566s.jpg

今は葉のみとなり(左)、

大ショックなのはあんなに大切にしていたアンズ ハーコット。
(多分)鹿に根本から引っこ抜かれて、発見して直ぐに埋め戻してみたものの、
根っこが剥きだしになったままで一体どれくらいの間放置されていたのか。。。
残念ながら完全に昇天されたもよう。 な~む~。





DSC06585s.jpg

運命のアイリスも終わり、

ところで前回見に行った時にはこのアイリスも草ボーボーに埋もれていたのに、
いつも草刈りでとてもお世話になっている方が親切にここまできれいにして下さっていました。
草刈りだけだって大変なのに心から大感謝です。
私って、日々沢山の人に助けられて幸せ者だわ。
この感謝をどうやって返そう。。





DSC06593s.jpg

これも冬の間に鹿にボッキリやられた桜かモクレン。
地際に葉が3~4枚出ているのを発見。
このまま育ってくれると嬉しいのだけど。





DSC06599s.jpg

斑入りイワミツバ(エゴポディウム)の奥に白い枝だけが残っているのは
山アジサイのクレナイ。

う~ん、クレナイはダメだったか~。
山アジサイだから大丈夫だと思ったんだけどな。
私の植え方が悪かったのかな。
再チャレンジしてみよう。





DSC06601s.jpg

2季なりラズベリー インディアンサマーには実が付いてる! ♪





Napoli signature new



10:26  |  山の庭  |  Comment(0)

電気配線と水道配管

2015.06.20 (Sat)

おととい現場を見に行って来ました。

梅雨なだけあってこの日も雨。
往復共に降ったり止んだり、途中時々物凄い土砂降り。
お陰で高速は途中工事規制があった所以外は渋滞も無くスイスイ、ところどころ貸し切り。♪
うん、出掛けるなら梅雨の時期に限る。(笑)

東京でも最高が25℃いくかいかないかくらいの予報だったので、
これは現地は寒いだろうな~と思って、オシリまですっぽり被る丈の長い
冬のセーターを持参して大正解でした。
寒いと直ぐにお腹が冷えてしまう私、
家の中と言っても風は吹き放題なので風を通さないレインコートを上から更に羽織ってセーフ。w





DSC06581s.jpg

電気の配線工事はほぼ終わっていて、
この日は、地元の水道工事屋さんが来て下さって配管工事中。

水道屋さん、お話を伺ったら地元の方で、それもかなりのご近所度。
それだけで嬉しくなってテンション
そう言えば基礎工事の時も地元の業者さんでした。





DSC06573s.jpg

2階の屋根裏は木材が組まれているのが1階から見えて、
この感じが山小屋っぽくていいですね~、って現場監督さんに言ったら、
もう少ししたら断熱材を入れるので、
この木材の状態は見られなくなってしまうとのこと。

そうでした。





DSC06583s.jpg

組まれた木材って美しい。
このままの状態で住みたいな。
うん、このままでいいのに。w

暫くしたら見えなくなっちゃうなんてホント勿体ないけど
断熱材入れないと冬は凍えちゃうから仕方ないか。





Napoli signature new


06:40  |  家を建てる  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT