06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

古材で出来たコンソール

2015.07.17 (Fri)


DSC06794s.jpg

山の家用にサイズオーダーしたコンソールテーブルが届きました。

古材を再利用してハンドメイドで作られたもので、
密ろうを含んだオイルで木の風合いを生かした仕上げに。
時間が経つとオイルが馴じんで色合いに深みが増すんだそう。

TV台も欲しいな。




Napoli signature new





20:20  |  家を建てる  |  Comment(2)

また雨。。

2015.07.17 (Fri)

床暖房の敷石工事の為には、今はお天気が回復して一番乾燥していて欲しいところ。
だけど雨続きだし台風は来るし。。
乾くどころか湿気たままになっているんじゃないかと心配が尽きません。。トホホ。
(心配で見に行こうと思ったら中央道は途中台風で通行止めだし。
ま、見に行ったからと言って乾く訳じゃないしね。^^;;)

現在進めている床暖房の工事は、先ず半分の厚さまで敷石して一旦乾燥させ、
その上に電気配線を施してから、残り半分の敷石をしてサンドイッチにするというもの。

最初の敷石工程は既に終わっていて、来週早々には配線をして、
その後続けてもう半分の敷石をする工程に入るので、
私は週明け一番に配線がきちんと出来ているかチェックしに行くつもり。

一度全ての石を被せてしまったら、中できちんと配線が出来ているかどうか
見えなくなってしまうし、
配線の追加分は口頭では確認したけど、最新配線図をまだ貰っていないので
そこもきちんと自分の目でチェック。
(後々保障のこともあるから図面はきちんと貰っておかないと。)



壁と天井の色については、
建築会社に勧められたメーカーにはオフホワイト色が少なくて、他のメーカーで探すことに。

色って星の数ほどあってほんの僅かな違いでも違う色になる。
グレー系、ブルー系、ベージュ系、ピンク系、グリーン系、などなど
オフホワイトと一口に言っても幾通りもの色の系統があって、
グレー系オフホワイト1つを取ってもその中に色は何十とあって、選ぶのも一苦労。
色見本帳を床に並べて見たり(ずっと下向いてたら本気で船酔いした~)、
窓際や部屋の奥など明るさの違う場所の壁に見本帳を当てて色を確認したりして、
微妙な色の違いの星空からやっとのことで選び出した色たち。♡

壁と天井は先ずそれぞれの色を決めて、
次に2つを隣り合わせに置いて色の相性もチェック。(ちょっとの色の差で全然合わない~~!)

家中の色をやっと決めて、
は~~、これで色選びからも解放された~~。♪♪♪
。。と喜んだのも束の間。

私が見たメーカーは勧められたところと比べるとかなりの価格差(勿論オーバー)になるとかで、
全く同じ色を取引先のメーカーに作って貰うんだとか。。
そんなの無理、って言ったらまた怒られた。

我が家の為を思ってしてくれていることだし、
全く同じ色が出来て予算も膨らまずに済むなら、素直に感謝。2倍嬉しい。
全く同じ色なんて神業だと思うけど、今の技術なら可能なのかも。
それにしても言葉がグッサリで怒られる度にマジでへこむ。

家作りって施工が終わったら終わりじゃなくて、
その先もメンテや不具合などずっとのお付き合いは続くから
今は先ずは竣工を気持ちよく迎えたいところ。

それにしても疲れるわ。。





Napoli signature new






18:27  |  家を建てる  |  Comment(0)

床暖房

2015.07.12 (Sun)

DSC00085s.jpg

蓄熱式床暖房の敷石工事が始まりました。

自然石を温め、石から生じる遠赤外線のふく射熱で家全体をほんわかと温めるという仕組み。
深夜電力を使うので経済的、そしてメンテフリーなのが嬉しい。
(とは言え、電気料金値上がりしたみたいだから、数字を見るまでドキドキ)

当初、長野県産ではあるけど違う産地の違う銘柄の石を提案されたのですが、
折角諏訪に住むんだからと諏訪産の鉄平石を敷いてもらうことにしました。





DSC00123s.jpg

半分まで敷いて乾燥させているところ。
敷石工程でしっかりと乾燥させるのが最重要課題。
乾燥したら配線をして、更に石を敷いて再び乾燥させます。





DSC00109s.jpg

バスルームも、体を洗う所の床は敷いてもらいました。

因みに、これが私が初めて原村の住所を使ってネットで購入したバスタブ。
監督さんから届きましたって連絡は貰ったけど、
ちゃんと届いてた~! 感涙

こうして見るとバスルーム狭すぎっ! _| ̄|○ 





DSC00065s.jpg

ずっとしたかった白の窓枠。♪





DSC00131s.jpg

立体的なデザインのを頼んでいたのに、手違いでフラットのものが入っていて、
取り換えるのには家中の窓ガラス全部を外して取り換えなければならないとかで
大ごとなので、ここは譲ることにしました。

本当は立体的な方が好きだけど、窓も輸入だから、外したものを送り返して、また送って貰って、
って大変。
窓見る度に悲しいけど、ここは仕方ない、私が大人になろう。
。。と言いつつ、なかなか気持ちの整理がねぇ。。
ま、これから他のところで挽回してもらいましょ。w





DSC00152s.jpg

新しいコンデジで撮影したら、ま~、2階まで入る!(笑)

壁と屋根裏にも断熱材が入りました。

今はまだ壁が無いから広く見えるし、この風景で目が慣れてしまっているけど、
これで壁が入ったら狭くなるんだろうなぁ。
かと言って、今更壁は無くせないしね。
ホント、最初の設計は大事。(今頃言ってる。^^;;)





DSC00102s.jpg 

前回写真を合成するのに苦労したFOYER。

3角屋根の内側は、壁の延長として壁の色に塗るのではなくて、
屋根は屋根だから天井の色にしよう。

左上の小さいのが北アルプスを眺める窓。
秘密の小道の先に窓がある設定なので、これから秘密の小道を作ります。
このままだと全然秘密じゃないものね。(笑)





Napoli signature new







08:27  |  家を建てる  |  Comment(3)

そろそろ晴れて下さい

2015.07.09 (Thu)

DSC00033s.jpg

そろそろ壁&天井の色を決めなくてはならない時期に来ているのに
ここ1週間はずっと雨続き。
太陽光が足りなくて、色見本帳を見ても色が分かりませ~ん。
そろそろ晴れて欲しいなぁ。

。。と思ったら明日~週末は晴れマークが付いてる。♪

よし、勝負はこの週末ね。





DSC06673is.jpg

今持っている唯一のカメラはSONYのかなり以前に廃盤になったデジイチα300。
それもマクロレンズを装着したままだものだから、
反対側の壁に背中を付けるところまで下がっても全体が入らない。^^;;

1階の三角壁と2階の三角屋根を同じ色で塗ってつなげるか、
それとも別々の色で塗って2階は「屋根」だって主張するか、
決めなくちゃならないのに写真撮っても全然分からず。

ここまでするのに一体何枚を合成したことか。(笑)





DSC06738s.jpg

そこでコンパクトで一気に1~2階全体が撮れるのを買いました。
軽さとコンパクトさで選んだらまたSONYだった。(私ってワンパタ。^^;)

これならどこかに出掛ける時もずっと身軽だわ。w




Napoli signature new





09:14  |  家を建てる  |  Comment(0)

壁の色

2015.07.06 (Mon)

今見ているのは菊水の色見本帳。
1200色あるから迷って大変だ~と思っていたのに、
いざ見始めると結構少ないもので、
これとこれのちょうど間の色があったらいいのに!、というのが何ヶ所かあって、
前回の打合せでも「これとこれを50%ずつ混ぜて」ってお願いしてしまったけど、
色の3原色の法則を思い出しました。

光の3原色: グリーン・レッド・ブルー   →混ぜると白
色の3原色: マゼンタ・シアン・イエロー  →混ぜると黒

そう言えばボタニカルで影の部分を画く時など絵の具を混ぜる時も、
グレーは元からグレーの絵の具を使うんじゃなくて、
反対色の赤と緑を混ぜてグレーを作って使います。

。。と言うことは、ヘタに色を混ぜると選んだ2つの色の間の色にはならずに
全然違う汚くて暗い方向の色になってしまう可能性もあるっていうこと。
あちゃ~!
(今は、同系統の中の濃淡の隣りあわせの色同士とかを考えているから
そんなに大反れたことにはならないとは思うけど。。)

そこで、ミックスするのはやめて、他社の色見本帳も見てみることにしました。

探しているのは例えばダイニングの壁の色、
グレーとベージュが60%-40%くらい、それにほんの1滴プラム色(赤紫)が入る
暖系のグレー。
菊水はストレートな色は豊富だけど、私が探しているニュートラル系はちょっと物足りない。

色数が多いから(確か3500色)、下調べでずっとベンジャミンムーアを見て来たけど
これは全色色ミックスして完成したものを売っているのではなくて、
基本の色が何色かあってそれを施工時にレシピ通りに自分で混ぜて作るらしく(なるほどね~)、
施工する側としては気が進まないらしい。。
(ベンジャミンムーアに聞いたら、色を作ってから引き渡してくれるそう。訂正します。
そうよね、自分で混ぜてあの微妙な色合いを100%忠実に再現するなんて
絶対に無理だもの!すみません~。)


でも色ってちょっと違うだけで部屋の雰囲気がガラっと変わってしまうしね。
ここは妥協せずに頑張って探さねば!



Napoli signature new



08:43  |  家を建てる  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT