09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

山の家完成。

2015.10.29 (Thu)

DSC01257s.jpg

家は無事完成して、昨日引き渡しをして鍵も貰って来ました。

ま~それにしても我が家は中盤から次から次へと問題発生で大変だったけど、
最後は信じられない程のスピードで、そして私の予想以上に全てが好転して、
完成してみたら大感激&大満足、
そして何より大感謝。

私はラスト1週間は、現地に3泊して、東京に1日戻って、また現地に行って3泊、
現場では最後の確認作業が山ほど、
私の拘りのフローリングのラスティック仕上げDIY作業を手伝ったりして
ズボンの膝もお尻も穴が開きそうになって、両膝ともアザになって痛くて泣きそう。
おまけに慣れない布団だと眠れなくて、連日睡眠は3時間くらい。
今日東京に持って来ました。
疲れ果てた~。

だけど何よりも一番は、「嬉しい」かな。♪
連日暗くなるまで本当に多くの職人さんたちが頑張って作業してくれました。
どこを見てもラインも角も美しくて素晴らしい仕事してくれて大感謝です。
私が拘って選んだ建材がここそこに「美しく」付いていて嬉しい。

これは私の拘りリストのトップのうちの1つ。
キッチンでお皿洗うのが楽しくなりそう。♡

あまりに疲れ果てたので今日はもう寝ます。
続きはまた。





Napoli signature new





20:53  |  山の家  |  Comment(14)

Foyer

2015.10.25 (Sun)

DSC01259s.jpg

先ずは、階段の手すり。
この辺りのテーマカラーはグレーなので、踏み板と同じ色に塗ってもらいます。





DSC01329s.jpg

出来た!
塗りつぶさずに木目は生かしたまま。





DSC01344s.jpg

そして念願のトルコタイル ♡ を貼ったFoyer、
これからペンダントライトを取り付けます。





DSC01403s.jpg

長野の小諸か佐久から峠の山道を超えて来て下さった電気屋さん、
(他の大工さんや水道屋さんやタイル屋さん、皆さんこの辺りから毎日往復3時間くらい掛けて
通ってくれていて、もう大感謝。)
2階の天井まで届くはしごに乗って、先ずは付属のチェーン一杯に垂らしてみてくれました。
ここから長さを調整していこう、という話で。





DSC01404s.jpg

私は吹き抜けだから2階の天井から少し下がったところくらい、と思っていたけれど、
目一杯伸ばしたのを見たら、ま~何てシック!!
電気屋さん曰く、天井から少し下がったところに付けるのが多いけど、
低いとまた雰囲気が違っていいんだとか。
この高さ(低さ)に一目惚れしました。♡

監督さんもインテリアコーディネーターも、電気屋さんのセンスに感動して、
(見掛けは普通の電気屋さんのおじさん。おっと失礼。)
結局鎖1つか2つ詰めただけのこの長さで満場一致で決定。
来てくれていた塗装屋さんと水道屋さんも一緒に見てくれて電気屋さんのセンスに「お~!」って。♪

1階の玄関ドアを入った時に目に入るし、
2階から見下ろすと、まるで自分が3階から2階に付いてるライトを見下ろしているような
錯覚を覚えて、空間の使い方と言うかバランスがパーフェクト。

垂らす場所も、私はどちらかと言うと1階目線で、Foyerの壁の内側に設置されている
階段の手すりの更に内側のスペースの中央と思っていました。
ところがライトが来る場所は1階と2階の間、だから階段を含めたその周りの壁~壁の
中央の方が良いと教えて貰って、
だけどFoyerには階段も階段の手すりもあるし壁も変形なので、視界に入る諸々のバランスを見ると
距離を測った中央だと人間の目には中央に見えない。
そこで数~10センチくらい縦横にずらしてバランスを考えて、1階からも2階からも階段の中央からも見て、
場所を提案したら、周りもいいんじゃないですか、ということで決定。
人間の感覚って面白い。





DSC01407s.jpg

ライトはガラスが入るとお洒落になり過ぎるので、
入っていないものを選びました。





DSC01403s_20151025081034d4a.jpg

チェーン、目一杯長いです。w





DSC01409s.jpg

私の拘りはラスティックな感じのフレームと電球の形。
電球は先っぽが生クリームを泡だて器ですくった時の様に尖がってちょっと曲がってる形、
本当の炎を見てる気分。
こうして上からも楽しめるのが嬉しい。

さ、現場は施工もあと1日を残すのみとなり、来週は最終確認とクリーニングをして
いよいよ引き渡し。
いろいろあって、我が家は本当~~に問題が多くて、ここまで来るのに疲れ果てたけど、
最後は私の希望していた通りになって大感激&大感謝。

今週は木~金で2泊のつもりが現場で私が見て決めたいヶ所があちこちあって結局3泊して昨日帰宅。
今日は1日絶対安静して(笑)、明日月曜~引き渡しの水曜まで泊まり込みします。





Napoli signature new





09:14  |  山の家  |  Comment(0)

トルコタイル付いた~~!!

2015.10.24 (Sat)

いろいろあったけど、最終的はこちらの希望を全面的に汲んでくれることとなり、
提示して来た内容ははっきり言ってこちらの予想以上。
ありがとうございます!
これで最後は万々歳で家作りを完成させられそうです。


そして家作りもいよいよ佳境、装飾作業が始まりました。

先ずは何と言っても、この家作りを考え始めた頃からリストのトップだったトルコタイル。
ずっとキッチンのバックスプラッシュを考えていたけど、油は飛ぶし汚れるしで、
それじゃ折角のトルコタイルが泣いちゃうからとそのアイディアは却下となり、
それならもう1回り大きいのをFoyerに飾ろう♪♪と言うことになり。w



DSC01309s.jpg

先ずは床に敷いて、全体の図柄を見て、貼る順番を間違えないようチェック。

因みにこのタイルはキュタフヤ(トルコの有田みたいなもの)の工房で
タイル絵付け職人が手描きで1枚1枚描いたもの。
図案自体は17~18世紀頃のローディアン時代のもの。
注文時には在庫が無く、注文を受けてから職人が絵付けをして、
工房で焼いて仕上げて送ってくれたもの。
だからちょっと時間は掛かったけど、待った甲斐がありました。

タイル1枚のサイズは20x20cm。
横3列、縦6行、合計18枚で1枚の絵になります。

例えばこのタイルの縁の模様のようなパターンだけを繰り返し並べたのよりも、
こうして全体で大きな1枚の絵になるのが欲しかった。





DSC01314s.jpg

施工会社に頼んで、フレームを作っておいてもらいました。
モールディングを選んだのは。。。勿論ワタシ。w
幅やデザインなど全体のバランスを見て決めました。





DSC01315s.jpg

下から貼り始めて、
タイル屋さんに「写真撮っていいですか?」って聞いたら、「いいよ♪」って。





DSC01316s.jpg

下から3段目貼り付け作業中~。

簡単に見えて、タイルの厚みが微妙に違ったり、
タイルも手描きをしたものを焼くので収縮したりで、縦横の模様を合わせるのに一苦労。
すみません~、お手数お掛けします。





DSC01317s.jpg

更に進んで、

この頃になったら嬉しくって、踊りそうでした。♪





DSC01319s.jpg

タイルの裏には絵付け職人のイニシャルとタイルの通し番号。
これは全18枚の16枚目。





DSC01320s.jpg

いよいよ最後の1枚。





DSC01321s.jpg

えいやっと。
う~ん、模様合ってるかな、
そうですね、0.5mm右にずらせますか?
こんな感じ?
はい、パーフェクトです!





DSC01322s.jpg

完成~~~~~♪♪♪

夢が1つ叶って嬉しい! 嬉しい!! 嬉しい!!! 

タイル屋さん、図柄を見ながらコンマ何ミリの微調整で
とっても丁寧にきれいに貼ってくれました。
タイル見る度にタイル屋さんのこと思い出すだろうな。
片道1時間半掛けて駆けつけてくれて大感謝です。
大変お世話になりました。
ありがとうございました~!

玄関入るとタイルがお出迎え。うふ。♪





Napoli signature new





23:25  |  山の家  |  Comment(0)

職人技って素晴らしい!

2015.10.21 (Wed)

DSC01041s.jpg

薪ストーブが付きました。
床暖房もあるので、これはどちらかと言うと補助的に目で楽しむためのもの。
あ、ストーブでコトコト、何か作りたいな。♪





DSC01045s.jpg

その後ろの壁に貼ってあるのはタイルではなくて石材。
表面は割ったままのラフな形状なのに、
見て!
この接合部分、何と斜めに石を切って合わせてある!
それも床まで全部!!
切った途端にバラバラに割れてしまいそうなのに、これってどういう技!?
表面がデコボコだから、それを45度に切るってとっても難しいんだそう。

私だったら切らずにそのまま90度の角度で並べておしまいにするだろうけど、
職人魂ってすごいわ。
こういう拘りを持って素晴らしい仕事をして下さって大感激です。



DSC01063s.jpg

もう1つ感激なのは床タイルの目地。
先日目地の色を決めて、
この日はタイル屋さんが目地を入れてくれました。
表面がデコボコのタイルの上に付いた目地材を拭き取るのには力加減が必要だし、
かと言ってあまり力を入れ過ぎると目地まで拭き取ってしまうし。
だけどプロは全くそんなことなく、丁寧に綺麗に目地を入れては拭き取っていくんです。
そして入れた目地の表面の滑るように滑らかで均一に平らなことよ!
長年の慣れですよ、って笑っていた笑顔がチャーミングなオジサマの職人さん。
ステキです!

ワインやらケチャップやらこぼさないように気を付けなくちゃね。


さ、楽しい記事書いたし、今晩は良い夢見ようっと。♪
明日はまた現場に行って来ます。





Napoli signature new






21:42  |  山の家  |  Comment(0)

ラスト1週間

2015.10.21 (Wed)

薪ストーブが付いて、階段の柵も途中まで付いて、現場は少しずつ進んでいます。

そして竣工予定まで残り1週間。
だけど私にとっては問題は何も解決していない。

これまで問題が起こっては、言葉で謝罪して来て、これから挽回しますので、って。
その言葉を信じて来たけど、期待しても挽回する前にまた次の問題発生。
どんどん負のスパイラルに落ちていくばかりで一向にプラスに戻らない。

現在我が家で大きな問題は3つ。

1つ目は、窓の格子。
頼んでいない形状のものが付いてる。
それも家中の窓と言う窓全て。

2つ目は、キッチン。
キャビネットのサイズと現場の広さをダブルチェックしておらず、入れてみたら入らず。
現在キャビネットは希望していない形状に変更されて、天板も縮小して端を切り落とす羽目に。

3つ目は、室内ガラスドア。
これも頼んでいない形状のものが付いている。

これまで何度もこちらの希望の通りに作り直して下さいってお願いしたけど、現状は変わらず。
どころか施工会社の担当者が全て担保責任果たしましたって言って来たから、
一度はしょうがないなと思っても、こういう対応されると、
「それじゃ、あなたの言葉通りきちんと担保責任果たして下さいよ」、って言いたくなる。

将来の田舎暮らしを夢見て土地を探して家を建てて、ここまで来ること数年。
やっと夢が叶って、
そして現場では棟梁も大工も多くの職人の皆さんが一生懸命に丁寧ないい仕事してくれている。
折角ここまで来たんだから、最後は施工会社側にも頑張ってもうひと踏ん張りしてもらって、
鍵を貰う時には、「あぁ、ここに頼んで良かった!」って思えるような、
この家に来る度に見てがっかりするんじゃなくて嬉しくてたまらないって思えるような、
そんな家作りを完成させて下さいってお願いしました。

現在の間違い3件については、どれもが私にとってはトッププライオリティと言っていいくらい
私が拘って拘って決めて来たところばかり。
だから余計に見る度に悲しくなる。
現在の間違いの状態のまま何も改善されずというのだけは考えられない。
施工会社にはこちらの心情も汲んで真摯に対応してもらいたいところです。

明日はトイレや水栓具等の設置などがあるので現場に行って来ます。
問題点は未解決のままだし、最後の1週間でまとめの時期だから、
担当者ときちんと話をまとめて来たいし現場もしっかり見て欲しいのに、
担当者も監督も明日は現場不在だそう。


<追記>
施工会社から連絡が来て、一生懸命に対応してくれることになりました。
嬉しい! 嬉しい!! 嬉しい!!! 嬉しい!!!! 嬉しい!!!!!
明日は楽しい気分で現場を見に行って来ます!  <//>





Napoli signature new









20:58  |  山の家  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT