02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

木を選ぶ 2 

2016.03.16 (Wed)

DSC02746 (1)s

そして週末には庭作りをお願いする造園業者兼ガーデナーのN氏に再度苗場に連れて行って貰いました。
行ったのは前回下見をしたのと同じ苗場で、今回は実際に木を決めに。
先ずは一番見たいコニファーの苗場から。

朝早くには雪が降っていたそうで、厚着して出掛けたら途中から良いお天気。
私の力じゃないのは確か。^^;;





DSC02739s.jpg

敷地の端に植えたいコニファー。

葉先が青くなるところやコーンが付いてるところ、
もしかして私が気に入ってお迎えした我が家のルーフにあるブルーヘブン辺りかな。

もしもそうだったら嬉しいな~。♪





DSC02742s.jpg

これ(真ん中の1本)と、





DSC02743s.jpg

これ(真ん中の1本)もキープ。(サワラ フィリフェラオーレア?)

この2本はヒノキ科かな。
2本ともとても香りが良くて、最初はオーソドックスなもみの木やヒマラヤスギのような深緑の
くらいしか考えてなかったけど、こういうのがところどころ入っているのも
チャームポイントになっていいかも。
香りに惹かれて勧められるまま即決。w

白い紐がキープの目印。





DSC02745s.jpg

苗場と言っても苗木じゃないです。
木が大きい。

日当たりが良いからか冬の葉色もきれい。





DSC02747s.jpg

もうね、楽しくて目移りして、見る端から1本ずつ欲しくなる。
(勿論無理だけど。^^;;)




DSC02751s.jpg

白樺は寿命が短いのでなるべく若木を選んだ方が良いとのこと。
私は2~3本の株立ちが欲しくて、
ここの苗場には白樺だけで数十本あるのに、
良いなと思ったのは(右奥のとか)どれも既に他の人のキープが入っていて、
決めたのはこれともう2本くらい。

こんなヒョロヒョロ?。。って思うけど、
直ぐに大きくなって枝ぶりも充実してくるから大丈夫なんだそう。
木はそれぞれに移植するのに良い大きさ・タイミングがあるんですって。
なるほど、それはプロに見て貰わないと分からないわね。

これは植える時に角度を直してもらいます。
数本欲しいので残りは適当なのを他で探して貰うことに。

なるべく自然に生えてるみたいに形が崩れて暴れてるのをお願いします。w





 DSC02754s.jpg

次の苗場へ移動。
(ここも全然「苗」じゃないです~。)

トウヒやらカツラやら沢山あって、樹木初心者の私には名前が分からない木がほとんど。
それでも見て回るだけで楽しくってたまらない。

あ~テント持参でここにお泊りしたい~~!!(笑)





DSC02755s.jpg

枝の先につぼみが沢山付いたコブシの木は1番手前の1本をキープ。
園芸品種で一重の白。
園芸品種なので木が小さいうちから沢山つぼみを付けるんだそう。

それにしても苗場には名札が無いんですよね。
勿論管理している苗場オーナーは分かっているのでしょうけど、
お邪魔してる私達、特に私は???だし、
N氏も「え~っと、あの花なんだけどな、名前なんだったっけな。」と、ど忘れで出て来ない。
品種名は後日教えて貰うことに。

移植する時は木の為につぼみをかなり落とすそうなので、
本格的に楽しむのは来年からね。
下の方の枝を落とさないようにお願いしました。





DSC02756s.jpg

え~っと、ヒマラヤスギはどこだったかな。。





Napoli signature new





08:26  |  未分類  |  Comment(4)

サンタが来た!

2016.03.14 (Mon)


DSC02640s.jpg

その日(10日)の夕方には雪が降り始めて、





DSC02646s.jpg

極小粒だったしそんなに勢いよく積もることもないだろうと甘く見つつも、
もしや~、と思っていたら次の日は案の定。。

車カバー、雪は積もるわ、つららは下がるわ。 ┐( ̄― ̄)┌





DSC02691s.jpg

前回の教訓を踏まえて、今回は積もって直ぐに雪かきしたので楽々。
深さ10cmくらいだったし雪も軽かったので10分ちょっとで終了。w
雪かきビギナーには丁度いい運動。(笑)





DSC02659s.jpg

庭の水道にも霧氷。

なんだか極寒の世界に見えるけど、実際はそんなでもなくて、
少しずつ春が近づいて来てるのを感じます。





DSC02695s.jpg

そして我が家にサンタさんが来てくれました!!

家に到着した時には全く気が付かなくて、1晩寝て起きて次の朝に外を見て気が付いて、
もう嬉しくって大感謝・大興奮!!!

ジャ~ン、我が家の薪ストッカーです。*・゜☆.。.:*・゜
カッコいいでしょ、素敵でしょ。ふふふ。♪

作って下さったのはCocoさんのご主人様。
何でも出来るスーパーマン、そして腕前はご自宅をも作ってしまわれる程でプロ顔負け。
我が家を建てた時の廃材が残っていて、それをお話したら有効利用で作って下さることに。
嬉しいやら申し訳ないやら。。(本当は圧倒的に嬉しい!!)

色も暖か味があってとっても気に入っています。

こういうの自分で作れたら楽しいだろうなぁ。

薪ストッカーをそこに置くだけで家の雰囲気がガラッと変わる♪♪♪





DSC02764s.jpg

早速薪を置いてみました。(たったこれだけだけど。。^^;;)
それでも嬉しくって~~!!

ご主人様&Cocoさん、本当にありがとうございました。*・゜☆.。.:*・゜





DSC02709s.jpg
                     ↑
話は戻って霧氷は、
面白いことに、広いセロリ畑の真ん中に立って左を向くと何も無くて、
(森の向うが諏訪湖)





右を見ると真っ白。
                     ↓

DSC02711s.jpg

こっちは諏訪湖を向いてる。
諏訪湖から吹き上げる風に乗って霧氷はやって来るのかな。





Napoli signature new





10:56  |  山の家  |  Comment(2)

霧氷

2016.03.13 (Sun)

DSC02557is.jpg

出掛けたのは10日(木)。

1週間前のポカポカ陽気から一転、なんとも寒々しいどんよりとしたお天気。
高速を降りて原村に入ったら、今走っているところは何も無いのに、
八ヶ岳の麓には低い雲が立ち込めていて、
あの辺りが天気の境目なのかな。。と思いながら走っていたら、





DSC02570 (1)s

エコーライン近くに来たら景色が一変、
樹がみんな真っ白!
雲に見えたのはこれでした。





DSC02576 (1)s

うわ~、何てきれいなの!!
太い幹は黒くて、上の方の細い枝や葉はみんな真っ白。

これが霧氷なのね。。と思いながら、頭ではうっとり、
一方で手は物凄い勢いでシャッター切り続けてました。w





DSC02578 (1)s

不思議なのは、地面は土色で雪が積もってる訳じゃないのに、
正面の樹木は純白の世界。
不思議~~。





DSC02581s.jpg

本当にきれいでただただうっとり~。 (//∀//)*・゜☆.。.:*・゜





DSC02583 (1)s

そしてここからは我が家の裏の森。
やっぱりここも真っ白。
私のお気に入りは一番背の高いカラマツ(多分)の葉が霧氷の重みで枝垂れになっているところ。

左に2本の赤い幹の赤松、





DSC02585s.jpg

葉の感じが面白くてズームしてみたら、





DSC02586s.jpg

うわ~、葉の1本1本までみんな真っ白!





DSC02591s.jpg

そして川沿いも、地面にはほとんど雪は積もっていないのに
樹木だけが真っ白。





DSC02603s.jpg

この土地に元から生えているウツギも。





Napoli signature new






18:25  |  八ヶ岳  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT