05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

バラ救出作戦

2016.06.22 (Wed)

DSC03845s.jpg

6月17日

野バラは満開、
そしてシュートはビュンビュンと軽く1mを超える勢い。
野バラ全体も冬の頃は腰の高さだったのが、
今ではシュートの先を見上げる程に。


自然はワイルドだ。





DSC03847s.jpg

その野バラの真ん中辺りに確か私が植えたピンクのアメジストフォールランブラーがあるはず。

探したらいました、こんなところに。
完全に野バラに負けてる。^^;;





そこで、救出大作戦、

DSC03867s.jpg
                     ↑
                    Before
     (丁度真ん中にピンクの点。見つかったら凄いけど何も出ませ~ん。w)





                    After
                     ↓
DSC03879s.jpg

折角伸びた野バラが勿体ないと思いつつ、花が咲いているのに可哀想と思いつつ、
アメジストが出て来るまでとにかく野バラを切りました。





DSC03882s_201606221311157f7.jpg

そしたら出て来た!
覆い被さっているものが無くなって嬉しそう。





DSC03883s.jpg

チェリーピンクの小輪でとっても可愛いのです。
2011年に国バラショーでお迎えしたもの。
確かデビューしたてで、ナーセリーのお店の一番上に飾ってあったのを
譲って頂いたんでした。

以前、ルーフで咲いていた時も可愛らしくて好きでした。

ところが、この方のシュートも1mを超えていて、
オソロシヤ、地植えパワー。





DSC03877s.jpg

草刈りもしました。
これだけしただけでクラクラ~。







Napoli signature new







15:49  |  山の庭  |  Comment(0)

運命のアイリス

2016.06.19 (Sun)


6月17日


DSC03835s.jpg

前回ルーフから持って来て植えたアイリスx3は根付いているのかどうか。。
経過観察中。





DSC03837s.jpg

元から土地にあった運命のアイリスは前回来た時はまだ皆つぼみだったのが
留守中にどんどん咲いたようで既に3分の2くらいが終わっていました。
それでも次回来る頃にはきっと全部終わっているだろうから今回見られて良かった。

DSC03836s.jpg

花がらが沢山残っていたので取り除いて、
足元の草も取って、





DSC03880s.jpg

スッキリ。♪







Napoli signature new







08:04  |  山の庭  |  Comment(0)

この木なんの木  原村散歩編

2016.06.11 (Sat)


DSC03766マユミs

庭の植栽のアイディアを貰おうと原村で散歩を兼ねてあちこち歩いている時に見つけた木、
その時はまだ冬だったので樹形(枝)しか分からず、そんなに気に留めるほどでもありませんでした。
(この時の一番の発見はもう少し先にあるモミの木の並木道。とっても素敵で、そのアイディア頂きました!)

そして今月初めにモミの木が見たくなってまた散歩に出掛けた時のこと、
その途中で見つけたのは。。

うわ~、この木ってばこんなに素敵だった!?
両手をいっぱいに広げたようなおおらかな樹形、





DSC03740マユミs

地際からまるで株立ちの如く枝分かれして、
(木肌もワイルドで素敵~♡)





DSC03746s.jpg

枝には荒々しい幹とは似ても似つかぬ軽くて薄い葉が風にそよいで、
可愛らしいグリーンの小さな花がまるで満天の星空のように輝いているじゃないですか。
それも風下に立つと少しだけ澄んだ感じの爽やかな甘い香りがフワ~っと。

その後、樹木の本で調べたらマユミだということが分かりました。

この木、好きだわ~~。(//∀//)*・゜☆.。.:*・゜
これで樹齢ってどのくらいなんだろう。







DSC03261s.jpg

話は変わって、お庭の雰囲気がこの上なく私好みだった北塩原村のカーティスクリーク。
こんな感じの緑いっぱいの庭を目指したいな。
詳しくは私の本家ブログ 「福島旅行3 そして宿へ。。」の記事で。
この記事は庭作りの参考になるし、こっちのブログに載せるべきでした。^^;; 
(こちらのお庭、これからバラが咲くと更に素晴らしくなるそう。)







DSC03791s.jpg

そして話は更に変わって、我が家の山の家の庭について。(既に野バラボーボー^^;;)

待てど暮らせど造園をお願いしているN氏から施工日程についての連絡が来なくて、
それでなくても5月が6月に延びて、こっちは一日千秋の思いで待っていて、
両方の親の中で既に電車は無理、そしてそろそろ自家用車でさえ長距離移動が難しくなって来ていて
原村に行けるのもカラータイマーが点灯し始めていて、
それでもみんな楽しみにしてるから庭を見せてあげたいし。。
もしも約束通りの6月が無理なら、もうこちらも待つ余裕が無いから
だれかお仲間で少しでも早く施工して貰えるところがあったら紹介して頂けないかと問い合わせました。
そうしたところ、現時点で我が家の順番は次だけど今施工中のところが日数がかかるので、
我が家の開始はこれから1ヶ月先の7月に入ってからの見通し、とのこと、

また延びた~~~!!!(怒)

同業者を紹介しても良いが作風が変わるので了解を、だそう。

そりゃ少しでも早い方が助かるけど、作風が変わるのは困る。う~ん。。。
6年待ってやっとの庭作りだし、
あちこち探して折角一番私のテイストに近い彼を見つけたのに。

。。。ということで、仕方ない、更にもう1ヵ月待つことになりました。 タメイキ☆

ま、何と言っても無理なものは無理だし、無理以上のことは頑張ったって無理なんだし、
しょーがない、もう少し待ちましょう。 トホホ。
施主はツライよ。(笑)


それにしても7月の施工って大丈夫なのかな?
梅雨が明けてカンカン照りの中毎日水やり出来ないのに速攻で枯れないか?
それとルーフで待機してる鉢植えの樹木たち、
真夏に前日から水やりストップして喉カラカラの状態で
蒸れたトラックで引っ越しなんて出来るのかしらん? ┐( ̄― ̄)┌







Napoli signature new







15:29  |  山の庭  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT