10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

カラマツの黄葉も終盤

2016.11.30 (Wed)


DSC05443 (1)s

11月18日の続き。

お隣の森のカラマツはかなり葉が落ちていよいよ黄葉も終盤に突入。
夕陽が当たると明るいブラウンに輝いてとってもきれい。





DSC05451s.jpg

向かいの山に日が沈んだら急に寒くなって来たので
急いで菜園に厚め(数cm)に腐葉土を敷きました。





DSC05436s.jpg

東京のルーフから連れて来たリンゴ、クラブアップル、プラムにも。





DSC05445s.jpg

チューリップや水仙など球根を植えたアカシデの足元には
7~8cmくらい厚めに。
植える時に石に当たって深く穴を掘れなくて球根が浅植えになってるので
これで少しでも挽回出来るといいけど。





DSC05460 (1)s

そのアカシデの葉はすっかり落ちて、残っているのは果穂のみ。







Napoli signature new








23:25  |  山の庭  |  Comment(0)

コニファーも黄葉

2016.11.24 (Thu)


DSC04378s.jpg
                 (9月26日 植栽時)
         ↑                        ↑  

      ヨーロッパゴールド                                               フィリフェラオーレア  
                          
                                                
             ↓                   ↓      
                   (11月17日)  
        DSC05411 (1)s



ヨーロッパゴールドはその名の通り黄金色に、
フィリフェラオーレアも「オーレア」の名の通り黄金色に。

黄色系の樹木は最初は考えてなかったのに
木を選びに行った時に苗場で一目惚れして入れて貰ったんでした。
我が家に来てくれたらもっと好きになって、
夕陽に輝く姿を見たら益々好きになって、
今はとっても好き。♡







Napoli signature new








16:21  |  山の庭  |  Comment(2)

鹿対策の続き

2016.11.23 (Wed)

DSC05454s.jpg

作業の続きを。

ネットは30m弱のを1ロールしか持っていなかったので
何が何でも鹿に齧られたら泣いちゃう木から作業スタート。

先ずはオクトーバーグローリー。
一番齧られそうな足元から巻き始めて、
根本には腐葉土を詰めて、ネットをめくって剥がされないように石を置きました。
最初に足元を巻いて庭を1周して、ネットがまだ残っていたら2周目で上半分を巻くつもり。





DSC05455s.jpg

仕入れて貰った方の桜 白妙。
私が東京から持って来た小さい方の白妙が真っ先に齧られたから
これは入念に巻きました。
ガブってやっても簡単に噛めないようにこれも幹に支柱を這わせてあります。
これも上は2周目で。





DSC05440s.jpg

以前齧られて昇天しかけたマグノリア。
これも外せない。
私が東京から持って来た苗木に巻いたところでネットが終わってしまったので試合終了。

上半分を巻いていないままのが殆どだし、
このマグノリアなんて幹が透けて見えてる。
これじゃ簡単に齧られそうだわ~。^^;;

作業の続きはまた次回山の庭に行った時に。
お願いだからそれまで齧らないでおくれ。。





DSC05438s.jpg

ヨモギってこんなにきれいな秋色になる!
うわ~、なんてステキ!♡
ウチの庭はこれでいいわ、
高いブランド苗なんて要らない。





DSC05434s.jpg

大好きなシダはとうとう終わり。





DSC05421s.jpg

ふと見るとシダの間に見たことのある形の葉。
これってアジアンタム?
ラッキー♪





DSC05430 (1)s

川岸にある木に赤いつぼみ(実?)が付いていてとっても可愛い。
あなたはだあれ?





DSC05428s.jpg

つぼみが付いているのは細い枝が横になびいてる木。
。。って言ってもこれじゃどれがその木の幹なのか分からない。^^;;
(写真撮った私も分からない。笑)







Napoli signature new








21:53  |  山の庭  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT