05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

元気組も

2017.06.01 (Thu)

DSC07553s.jpg

フロントヤードのオオモミジは元気に茂ってこの通り。
春のまだ葉が薄くて明るい頃は陽の光に透けてとってもきれい。
風が吹く度にふわっとそよぐ姿なんてもう胸キュン。♪






DSC07555s.jpg

ぷっくり指の形がオオモミジ。






DSC07612s.jpg

バックヤードのハウチワカエデも、大きな葉がのびのびと、






DSC07615s.jpg

茂ってた!w

ハウチワは葉が展開する時に折り紙を折ったのを開いて伸ばしたみたいに折り目が付いてる。






DSC07559s.jpg

驚いたのはほぼ全滅じゃないかと予想していたルーフからの移住組の小さい苗木たち、
背丈はみんなまだ1m前後のベイビーたち。これはもっと小さくて数十cmの白藤。
上のカエデみたいに大きな木だったら根巻き部分も大きくて深くて体積が大きいから
水分貯め込んで生き延びてるかもって思ったけど、
小さい苗たちは根も乾燥した表面に近いし体積も小さいしすぐにカラカラになるだろうし、
どーやってこの水切れの日々を生き延びたの!?
ホントに不思議。






DSC07582s.jpg

ライラック マダムレモイエの花は終盤、
葉も新枝も展開して至って元気だし、






DSC07588s.jpg

ネグンドカエデ フラミンゴなんてこんなに勢いよく花(タネ?)付けてるし、
(これ、私のピアスにしたいって毎年思う♪)






DSC07592s.jpg

これは少し高くて身長1.8mの銅葉のプラム。
葉が春からいい色!
(花は見損ねた)






DSC07626s.jpg

桜の想い川なんてこんなにヒョロなのに全ての枝から葉が出てる。






DSC07622s.jpg

大きなカツラの木の右手前には1mの若いマグノリア、
これも元気。
同じサイズで何本かある他のマグノリアたちも皆元気。

いや~、ホントに不思議。
大きい木よりも小さい方が若気の至りで(あれ、ちょっと意味違うな。^^;;)
環境に順応するのも生き延びるのもパワーがあるってことなのかしらん?






DSC07586s.jpg

笑っちゃうほど1番驚いたのはこのお方、
グランドカバーにと植えたクリーピングタイムは殆ど砂みたいなカラカラの土でもこの通り。
流石にたっぷり水やりしました。








Napoli signature new








08:02  |  山の庭  |  Comment(2)
 | HOME |