05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

朝陽の通り道

2017.06.02 (Fri)

DSC07717 (1)s

次の日は朝陽が射し始めたら急に明るくなった庭。
へ~、風の通り道というのは聞くけど
光にも通り道があったのね。

空気はひんやりとして半袖Tシャツ1枚だと涼しいくらい。
敷地の隣を流れる小川の水の音とウグイスやカッコーの声が森の中で響いて私の気持ちも洗われる。

雑草がかなり伸びていたので先ずは草取りすることにしました。
イネ(科)やタンポポなどは鍬で、
スギナは手で引っこ抜いて(←根がブチっと切れててんで取れない。^^;;)。



DSC07728s.jpg
                   ビフォー  ↑


                   アフター  ↓
DSC07734s.jpg






DSC07729s.jpg
                   ビフォー  ↑


                   アフター  ↓
 DSC07735s.jpg

その他、家の周りの雑草を刈って、
ここまでしただけで陽が回って直射日光を背中に受けるだけで暑くてクラクラ。






DSC07561 (1)s
                   ビフォー  ↑


                   アフター  ↓
DSC07730 (2)is

オオデマリの足元、その右のデイリリーやヤマボウシが埋もれていたのを助け出して、
ホスタの足元と左の運命のアイリスコーナーもきれいにしました。

アイリスはこれでつぼみ付くかな。w






DSC07653s.jpg

芝生を敷いて貰うラインを木材や石を敷いて作ったおいたのが埋もれて見えない。^^;;
ラインがまた見えるようになるようにラインに沿って雑草を根本から右に左に踏み倒しながら歩きました。
いや、そんな意味無いことする間に草刈りしないとダメだ~。






DSC07808s.jpg

川岸の日陰に涼みに行って、






DSC07822s.jpg

回り込んで川の流れを見る。
春の森の明るいことよ!






DSC07831s.jpg

ふと上を見上げると、





 
DSC07836s.jpg

しべが線香花火のようにシュワシュワと弾けながら咲いている可愛らしい白い花。






DSC07818 (1)s

花の大きさは多分桜と同じくらい、
葉はケヤキのようにヒダヒダがあってエッジは大胆な鋸、桜みたいに丸味を持った形。

この木何の木?




<追記>

樹木の本とWebで調べてみた。
花の白くて線香花火のようなシュワシュワした感じはハイノキ。
サワフタギかと思ったけどサワフタギは葉が厚くて光沢があり鋸は殆ど目立たない、
こちらの方が葉が薄くて柔らかそうで鋸が目立つ。
サワフタギよりも高地に生える耽羅沢蓋木(たんなさわふたぎ)か?
直射日光よりも半日蔭くらいを好むそうで、私が見たのもそんな環境だった。

<追記//>









Napoli signature new









22:18  |  山の庭  |  Comment(0)
 | HOME |