06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

雨女の威力

2017.07.09 (Sun)

出掛けたのは7月6~8日。


DSC09213s.jpg

近所では月見草が咲いていて、明るい黄色が涼しげ。
もうそんな季節になったのね。


山の家に到着したお昼過ぎはいいお天気過ぎて帽子被っていてもクラクラ来そうなくらい。
庭はかなり乾いているところがあって草木も喉カラカラになっていたので早速水やりしました。
時間掛けてゆっくりたっぷり。

。。だけど水着生地みたいな厚手の長袖上着にゴム手袋、帽子とゴーグルみたいに隙間が無い防護メガネで
完全装備して日向で作業するのはメチャキツイ。
大体ご近所さんだってこんな時間に外で作業してる人なんていないし。
水やり終わる頃には息はゼーゼー、もうダメ~~。^^;;
(草刈り用の防護メガネすると目がかゆくならないって発見。今は何の花粉?)






DSC09241s.jpg

水やりを終えたらフォトタイム。
この頃から急に雲が出て来た。

嬉しいことにアカシデが芽吹いていました。
え~、ホント!?
だって春の芽吹きの季節はとっくに過ぎてるし、巷は7月に入ってそろそろ梅雨も明ける頃なのに?
もうこれ以上は無理って諦めてたのに。
点滴してもらったのが効いたのね。w






DSC09242s.jpg

うん、確かに葉が展開してる!

あぁ、嬉しい~~!
嬉し過ぎて泣けてくる。
芽吹いてくれてありがとね。


この後残りの造園の打合せがあって、
芝と白樺の小道の施工や、アカシデを動かしてハクウンボクを植えて貰う件、
フロントヤードのオオデマリとマグノリアアップライトを別れさせて
野バラを抜いて貰ってそこに移動するなどの話して、
私としてはもうこれ以上待てないから気持ちとしてはこの秋に施工して欲しいけど、
施工の順番(先に芝生を敷いてしまうと重機が入れない)やその後の水やりや
樹木にとっていいタイミングをプロの目で総合的に考えると
やはり来春の方がいいということになり。。。   

と言うことは、ルーフの待機組は更に半年以上待つことになり
実家から分けて貰うはずの大量のジャーマンアイリスも動かせず、
寒冷地の遅い春まで待つって一体何回寝るんだ? 250回?270回?
トホホ、トホホ、トホホ。 もうガックリ。  _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ 

完全に脱力してる私を見て可哀想に思って下さったのか
芝とアカシデ以外のところでドライクリークの施工をこの秋にして下さることになり、
庭はまた一歩前進することに。 やったー!

水やりのことも聞きました。
どのガーデニングの本見ても樹木にこんなに頻繁に水やりしなきゃならないって書いてなから、
樹木ビギナーの私は、去年の秋に植え付けて貰って半年経ってる訳だし
てっきりこの春はのんびりと眺めて楽しめばいいのかと思っていて、^^;;
そしたら今年の春は特に雨が少なくてどこの庭も畑もカラカラだったそうで、
初めての春を迎えて芽吹きで一番水が飲みたかった我が家の庭も同様だったそう。
そうだったのか~。

多忙にも拘わらず何度も通っては水やりをして下さったりアカシデに点滴してくださったりと
通えなかった私の代わりにいろいろと心を配って下さって大感謝です。






DSC09224s.jpg

前回つぼみだったウツギ(これは野生で名前はただの「ウツギ」)が満開になってる!






DSC09219s.jpg

純白でベルのような花が房になってぶら下がって咲くウツギの花。
好きだわ~。


その後アヤシイ雲はどんどん厚くなって更にアヤシクなり、
夜はデッキにバチバチと当たって弾ける水の音が家の中からも聞こえるくらいの土砂降り。

こらーーっ!!!








Napoli signature new









07:39  |  ガーデニング  |  Comment(2)
 | HOME |