08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

ソファが来た!

2017.03.12 (Sun)

DSC06658 (1)s

楽しみにしていたソファがとうとう完成して
工房のご主人が自ら届けて下さいました。






DSC06664 (2)s

ソファとオットマンをセットで作って貰いました。

こんな風にオットマンを離して置けば来客時にもう1人座れるし、






DSC06715 (1)s

くっ付ければ足を伸ばして寛げます。






DSC06789s.jpg

生地はずっと床と同系のベージュの無地って心に決めていて一体どれだけ探したことか。。
なのに結局一目惚れして即決したのはペーズリーの柄もの。w






DSC06804 (1)s

ソファはアームや全体的なデザインを初めサイズも座り心地も全て好みに合わせてオーダー出来るので
工房に何度かお邪魔して実際にサンプルで置いてある幾つかのソファの座り心地を比べてみました。
次に私の好みの座り心地でシートクッションのサンプルをフェザー仕様で作って貰って、
座ってみて私の好みドンピシャ♪になるように本番は更にバランスを微調整して貰いました。

固過ぎず柔らかすぎず程良くバウンシーで心地いい。
そう、求めていたのはこの座り心地!

私はソファの上に足を上げてあぐらをかいて座るのが好きなので座面を少し深めにして貰って、
座面の高さも好みに合わせて少し高めに。






DSC06790s.jpg

低めのイングリッシュアームと生地の巻きが気に入っています。
各ピースの縁は同布でパイピング。

お揃いのクッション2つも作って下さって、これを置くだけでチャーミング度アップ。

中の骨組は専門の職人さんがしっかりと作っているので
次は20年経ったら張り替えをするのみ。
ソファは長く使えます。

作って貰ったのはSTANLEY'S (工房スタンリーズ)
カチッとした北欧系ではなくて、エレガントなアメリカン。

最初にショールームにお邪魔した時から、
途中私がいつもの調子で気持ちが揺れてサイズや生地を何度も変更した時も、
アドバイスを交えて親切&丁寧に対応して下さってありがとうございました!






DSC06807 (1)s

ソファが来たら場所を追われた主人のムジの1人用ソファ。
1年ちょっとで既にヘタってる 。^^;;









Napoli signature new









関連記事
09:41  |  山の家  |  Comment(4)

Comment

Napoliさん~こんにちは~

もう~なんて素敵なんでしょうか~
ソファとっても素敵ですよ~
びっくりしましたよ~
お気に入りの子がこんなに素敵に仕上がってお部屋に馴染んで私まで嬉しくなってますよ~(#^^#)
お家ができるまでいろいろな苦労があったけど
そんなことを忘れさせてくれるソファになりましたね(#^^#)
オットマンもつけてステキですね~
何も知らない私もこうして見せてもらえて感激です^^
一つまた覚えさせてもらいました~ヽ(^。^)ノ

庭も見るのも楽しいですがこうしてインテリアや家具など
見せてもらえるのも楽しみにしてるんですよ~
Napoliさん元気でよかったです~
私も今はちょっとバタバタしてました~
なんのこっちゃですが笑
あとでお庭も見せてもらいます~(*^^)v
ATUATU |  2017.03.15(水) 12:56 | URL |  【編集】

♪ATUさん、こんにちは!

ありがとうございます~。^^
本当はもう少し早く出来るはずだったんですが
納期が少し伸びてしまって、
だけどその分楽しみな気持ちが倍増して
実物運ばれて来た時はとっても嬉しかったです。
だからATUさんにそう言って頂いて本当~に嬉しいです!!!
ありがとうございます~。^^

最初は床のタイルの色とお揃いでベージュかグレージュの単色で
無地か織りで表情があるくらいの極シンプルなのを探していたんです。
もうね~、なんせったってシツコイ私の性格なので
ソファ工房にある1万種類のサンプルの中から好みのを見せて貰って、
自分でもあちこちのショールーム行って、ネットも探して。。
オーバーじゃなく自分で1000枚は見たはず。(笑)
その中には、もう絶対これじゃないと私の人生終わりよっ!!って
言いたくなるほど素敵なのもあったんです。
だけどイタリア製で、私の身の程を超えていて、
予算的に全然お呼びじゃなかった~。^^;;

このペーズリーは国産の生地なんですよ。
ヨーロッパやいろんな外国産の生地に比べて
国産は輸送量が無いのですご~く割安。♪
織りも丁寧だし、日本製というのも嬉しい。
あまりお金のことは言いたくないですが
はっきり言って生地代、輸入物の半額で済みました! ←結局言ってる^^;;

リビングを初め部屋は極白に近いグレー系のオフホワイトの壁でシンプルに、
カーテンや家具などを色ものにしてアクセントにしたかったので
そんな意味ではソファを柄物にしてちょっとメリハリ付いたかなと思っています。

オットマンは私も気に入ってるんです。
ソファをいろいろ見てる時にカウチ型もあって、
いわゆるソファ本体にオットマンがくっ付いているL字の形のソファです。
足伸ばして寝ころぶには繋がってる方が割れ目が無いのでいいんですけど、
離して置くとまた雰囲気変わるし、もう1人座れるので私はオットマンタイプにしました。

今回作って貰うにあたっては工房のご主人が本当に親切に
いろんなアドバイスをくれたので参考になりました。
アドバイス貰えるのっていいですね。
自分では分からないことだらけなので。^^

家作ってる時はホント日々混沌としていて、
今でもそーゆー内容の記事だけ削除したいくらい。
だけど今は時間も過ぎて気持ちも冷静になって来て怒ったことより
嬉しいことの方だけが気持ちの中に残っていて、
今は家具選びとか庭作りで楽しんでいます。
もう少しして春になったらファーマーズマーケットもあるし
楽しみにしてるんですよ。
ホスタとか出てるかな。

春はバタバタしますね~。
どうしてでしょうね~。
私もなんのこっちゃで相変わらずバタバタです。(笑)
ATUさんから頂いたクリスマスローズたちに日々癒されています~。♡
Napoli |  2017.03.15(水) 13:44 | URL |  【編集】

Napoliさま

今頃になってしまいましたが
このソファー

サイコウニ スバラシイです!!!!!!!

めちゃくちゃ好み
全く知識もセンスもありませんが
イギリスにあったようなソファーに見えますです
実家もこのようなソファーをずっと使っていたので
いいな~と思いました

自宅のソファーはレザーのものを20年使っていますが
もう剥げてきたので、次はこんなソファーがほしい!!!
ということで、リンク先に飛んでみましたら
あら不思議。いつも通る道!?
いつか寄ってみたいな~~~
でも~~~問題はお値段ねorz
次に買うソファーは人生最後のソファーだから
頑張ってみようかしら!

ああ~ステキ
本当に

お宅全体のお色の配色も素敵ですよ
ベージュ、スキ
ukbeat |  2017.03.20(月) 10:37 | URL |  【編集】

♪ukbeatさん、こんにちは!

うふふ、ありがとうございます~。♪♪♪
ukbeatさんにも見て頂きたかった。w
きっとそう言って下さるんじゃないかと思って
密かにお待ちしておりました~~。^^

私もここに辿り着くまでに、イギリスのWillow&Hallを見つけて
そしたらメチャクチャ好みで、
イギリスから絶対個人輸入するっ!!って意気込んだものの。。
関税やら輸送量やらで結局物凄くなってしまって観念したんでした。^^;;

それを踏まえて辿り着いたソファなので
イギリステイストが私の脳ミソ細胞にしっかり組み込まれてるんだと思います。
ふんわりというよりもちょっとシャープな感じでいいでしょ?
ペーズリーはこの展開に自分でもビックリ!
だけどとっても気に入ってるんです。

ukbeatさんのご実家のご両親様もお洒落なソファを
ずいぶん前からお持ちだったんですね!
お洒落だわ~。♪♪♪

ukbeatさん、今お持ちのレザーのを張り替えるというのはいかが?
ソファって表面のクッションがヘタるけど
芯(フレーム)はしっかりしたままじゃないですか?
それなら好みの座り心地と生地で好みのスタイルに仕上げて貰うのも
1つの手だと思いますよ。
例えばアームの形だけでも雰囲気変わるし。
生地も種類が多くて決めるのにあっちクラクラこっちクラクラ来ますよ~。

ukbeatさんもあの辺りよく通られるのですね。
あの通りはつい足が吸い寄せられるお店が多いですよね。w

因みに、ペーズリーは日本製生地なので
はっきり言って輸入物の半値で済みました。ラッキー♪ ^^
ブランドのソファ買うよりずっとお手頃です。

ukbeatさんはご自分のテイストがおありだし
好みドンピシャ♪これだ~!っていうソファが出来るんじゃないかしら。

家の方もありがとうございます。
ベージュとかグレージュとかニュートラル色好きです。♡
その路線でカントリーシックを目指してたつもりが
既に路線外れてる。。!? ^^;;
Napoli |  2017.03.20(月) 16:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |